◆◇姉妹ブログ:ヘッドマーク・鉄道デザイン博物館へもぜひお越しください◇◆

2009年09月17日

牧野高校修学旅行4日目は長崎。

牧野高校11期生・修学旅行3日目は大移動だった。

熊本・水前寺公園に行ってから長崎まで行くのだ。


水前寺公園では何をお土産に買ったかは忘れたが、

その値段が 900円だったことはよく覚えている。

それは、そのお店のおじさんの客引きの仕方が面白く、

「買ってくれたら、おつりは100円札であげるよぉ」

というものだったからだ。

ところで本当に何を買ったんだろう???


水前寺公園から出発した修学旅行のバスは、

島原半島の多比良に渡るフェリーに乗るため長洲港へ。

これで鉄道、バス、フェリー と、色々乗ったことになる。

有明海はすごく穏やかで、関西人にとってはちょうど、

琵琶湖の遊覧船に乗っているのと似た気分になった。


こうして有明海をショートカットしたバスは諫早を過ぎて、

一路、長崎市内を目指していった。


夜の宿泊は長崎センチュリーホテル。

市街中心地から少し東の、浦上というところに建つ。

ちょうど目の前には路面電車の線路があり、

低いモーター音で行き交う姿が目に入る。

CCF20090917_00005.jpg

こうして再び鉄道を味わえるところにやってきた僕達。

いよいよ明日は自由行動の日。

精一杯鉄道を味わって帰ってくるぞ!



《PR》 反射シートの通販は日本海ファクトリー


posted by smilykaz at 10:24 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 高2の修学旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月06日

大雨で登山中止の修学旅行

牧野高校11期生修学旅行2日目。

この日はあいにくの大雨となり、九重登山が中止になった。

あれ、何だかこの感じ初めてじゃない・・・・。

そうだ、中学の修学旅行のときも雨で登山中止だったっけ。

1985年。中3修学旅行の信州、白馬。その2

まあ、そんなに登山フリークではないのでそれは問題なし。


そこで予定変更となり、大雨降る中バスで出掛けた先は

アフリカンサファリパークという楽しそうな場所だった。

とはいうものの、とにもかくにもこの大雨。

CCF20090906_00000.jpg

サファリパーク本来の楽しみ方などできるはずもなく、

僕たちはひたすらおみやげ選びに時間を費やしていた。


さて、3日目はというと、雨は上がったものの霧がすごかった。

この日は阿蘇山にバスで向かい、阿蘇火山博物館に着いた。

このすごい濃霧の中、よくここまで来れたものだと感心した。

みんな順番にバスを降りるはずが、なかなか先に進まない。

後の方から「何やってんねん。はよぉ降りろやぁ」との声。

しかし、実際に降りてみて『進まなかった理由』がわかった。

濃い霧がますます濃くなって、5M先さえ見えないため、

一歩進むのも本当に恐いほどだったのだ。


でもただただ真っ白な景色の中恐る恐る進むと自販機が

見えてきたので、建物が近いことがわかった。

建物の中に入るとそこは結構楽しかった。

硫黄の粒と写真集がセットになった物をお土産に買った。

霧が晴れていたらちょうど見渡せるはずだった「草千里」、

火山の噴火口の様子などの写真集だった。


そんなふうにして修学旅行の前半を終え、

三日目の午後は次の目的地、長崎へと向かった。


西肥バスのガイドさんが「シルバーブルーの歌」という

どうやら会社の歌らしき歌を歌っているうちに長崎へ。




《PR》 山陰本線の駅写真図鑑へ

posted by smilykaz at 19:49 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 高2の修学旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月31日

修学旅行。集合・出発・新幹線。

牧野高校11期生が続々と集まってくる新大阪駅。

僕たちはどちらかといえば在来線に心奪われ、

時間が許されている限り列車が見える位置に立っていた。

見えたのは、この駅で見る定番特急「雷鳥」。


さて、僕たちが乗る新幹線は「ひかり191号」。0系車両だ。

実を言うと、2本遅らせると「ひかり1号」だったのだが、

6年生の時に先生に叱られた記憶がよみがえり、

「1号にのりたかったなぁ」とは言わないようにした。

でも100系車両には、正直な気持ち乗ってみたかった。


全員集合し、乗り込んだ。牧野高校一行は小倉を目指す。

新大阪を出たらけっして見逃したくないポイント、

ブルートレインの館、宮原客車区がある。


すでに到着した寝台特急あかつき、彗星、つるぎ他、

まだまだ現役バリバリの彼らの姿が。


新幹線ひかり191号は、結構止まるタイプだったが、

みんな思い思いの時間のすごし方をして、

気が付くともう小倉が近い、お昼前になっていた。


この頃、僕にはもう一つ新たな趣味が芽生えていた。

それは色々な缶ジュースを飲んで評価するというもの。

そして、九州には関西にないジュースがあることを、

前情報として得ていた僕は小倉到着が待ち遠しかった。

それでホームに降りるなり自販機を見つけて確認作業。

「あった!アクエリアスレモン!それにアンバサも!」

思わず叫んでしまった。

CCF20090831_00000.jpg


駅を出た僕たちは外で待機していた観光バスに乗り、

一路「杖立温泉」を目指した。

僕たちが宿泊することになっているのは「肥前屋」という宿。

aaCCF20090831_00001.jpg

面白いことに、熊本県と大分県の県境に位置している。

だから、渡り廊下の西は熊本館、東は大分館と表示。

CCF20090831_00001.jpg

しかし、それでいて肥前屋という名前はいかがなものか。


《ステッカー作成・通販》J-TRIM 山口へ
posted by smilykaz at 15:05 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(1) | 高2の修学旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

九州北部への修学旅行。まずは新大阪駅へ

1987年10月。大阪府立牧野高校11期生の修学旅行。

行き先は九州北部5県にまたがるコース。

そして、小学6年の修学旅行以来、5年ぶりとなる

新幹線を使っての旅行となる。

実を言うと、数年前までは「さんふらわあ」に乗って、

フェリーの修学旅行が我が高の主流だったらしいが、

僕たちはれっきとした鉄道旅行を楽しめるということで、

大いに喜んでいた。


さて、出発のための集合地は学校ではなく新大阪駅で、

そこまではそれぞれ自由な方法で行くことになっていた。

それで、僕たちは最もオーソドックスな方法、つまり、

京阪電車の樟葉駅で急行に乗り、淀屋橋駅まで。

そして地下鉄御堂筋線で新大阪まで行くルートをとった。

当然ながら、大半の同級生もそのルートであり、

車内は大きな荷物と大きな笑い声の乗客で満員だった。


地下鉄淀屋橋駅では村岡君が満員の電車になんとか

自分も乗ろうとしてやってきた。リュックも何とか車内に。

しかし、持っていた手さげ袋がドアにはさまれてしまった。

「Oh no !」 と外国人風に呟く村岡君はあきらめの表情。


「その中、大事なもんでも入ってんの?」と、尋ねた僕に、

彼はうなずき、見せてくれた。

中からは粉々のポテトチップスが出てきた。



【PR】 山陰本線の駅写真図鑑 特牛〜東萩 公開中


posted by smilykaz at 17:19 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 高2の修学旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
鉄道COMへGO!  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。