◆◇姉妹ブログ:ヘッドマーク・鉄道デザイン博物館へもぜひお越しください◇◆

2009年07月02日

村田さん!すみません!

親切な村田さんのお世話になり、泊めていただく僕。

ちょっと古いアパートなので色々と制約があるが、

それはそれで楽しい経験だった。


例えば、お風呂。

大まかな使用時間帯が決まっているが、たまにずれこむ。

だからその時間に空いているか確認してから入る。

シャンプーなどはそれぞれのものがズラリと並んでいる。

仮に誰かのものを勝手に使ってもわからない感じ。

でも、村田さんは前もって

「僕のはトニックシャンプーだからね」 と言ってくれた。


スッキリして、明日に備えて早めに寝た。


しかし、翌朝悲劇が・・・・。

布団の上に薄茶色のゴミがいっぱい!

「なんじゃこれ!」 と、そば枕の中身が出たのか?とか

色々考えたが、なんと! 

先日の合宿の海水浴で焼けた「僕の背中の皮」が

ボロボロとむけて、しかも細かく砕けていたのだ。

Tシャツを脱いでみるとさらにドバ〜ッ


「村田さん、すみませ〜ん。これ、垢じゃないんです」

そう言って掃除をしてから、出発の準備をした。


その後、村田さんは境港まで行く道を教えてくださった。

そうして、初対面のとても親切な人との一時は終わった。


さあ、いよいよ本格的に自転車の出番だ。

境港駅に向かってまっすぐ延びる「産業道路」を北上。

境線の線路とも結構近いが、列車が見えるかな。


 [PR] オリジナル・ステッカー製作・通販はJ-TRIM山口で


タグ:米子
posted by smilykaz at 23:02 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 高2鉄道旅行・隠岐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

村田さん家のできごと

ここは米子市西福原。村田さん家玄関である。

と言っても、一軒家ではなく玄関のあるアパート。

つまり、この玄関で「ごめんください」などと言っても、

誰も出てこない、又は他人が出てくる公算が強い。

だから、とりあえず中に入り、部屋番号を追った。

一階の番号ではないようだ。


それで二階へ。

そして、その部屋番号を見つけ、ノックした。

「・・・・・」

誰も出てこない。

というか、隣の人が出てきた。

「村田さんのお客さん?」

「あ、そうなんです。」

「村田さんなら6時までに帰ってくるよ。もう少しだねぇ」

おぉ、お隣さんの予定まで把握しているとは!

それにしても、人が温かいと感じる街だ。


村田さんは5時半を過ぎてもまだ帰ってこない。

そんな時、アパートの別の部屋の扉が開き、

出てきたその人は僕の顔を見るなりこう言った。

「牛乳でよかったら、飲みます?」

待ちぼうけですっかり忘れていたが、喉がカラカラ。

ありがたく頂いた。

本当に親切な人がたくさんいる街だ。


そうしているうちに村田さんが帰ってこられた。

「あ、え〜っと、K君?」

「そうです。村田さんですか?よろしくお願いします。」


こうして、僕は米子での一夜を過ごすことになった。

言うまでもなく、村田さんも親切な人だった。

村田さんの部屋から見た夕焼けがとても綺麗だった。

CCF20090701_00000.jpg
posted by smilykaz at 14:27 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 高2鉄道旅行・隠岐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月30日

米子駅での撮影会を終えて

日中に米子駅での撮影会を行なうのは初めてだったが、

それを十分に堪能できて大満足だった。


さて、夕方になったのでそろそろお宿に行かなくては。

隠岐の親友の紹介で泊めてくださる、村田さんという方。

米子市内の西福原というところにお住まいがある。

住所は教えてもらっているので自分で行こうと思うが、

土地勘がないため見当がつかない。

そこで、駅員さんに尋ねてみた。

「すみません。西福原というのはどちら方向ですか?」

すると、後ろに立っていた見知らぬおじさんが、

「おぅ、あんたぁ西福原に行きたいんかね?」と尋ねられた。

駅員さんは、

「あぁ、この人に連れてってもらったらいいよ」と言う。

なんとものどかで、なんとも信頼で成り立っている街!

誰もが知り合い! そんな気がする出来事だった。


実際、その人に住所を言ったら見事その家の前まで

お車で案内してくださった。

「どうも、お世話になりました〜」

そして、村田さん、お世話になります!
posted by smilykaz at 23:12 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 高2鉄道旅行・隠岐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

特急やくも号は次々と・・・in米子駅

L特急というもの、それは一日に何本も次々と運行。

そして、大体において毎時定まった時間に出る。

日本各地、大きな都市にはそういう存在がいる。

東京駅だと代表的なのが踊り子。

大阪駅だと雷鳥。

天王寺駅ならくろしお。

博多駅なら有明や、にちりん。など代表的な列車が。

そしてここ、米子に来るのはL特急やくも号。

CCF20090531_00004.jpg

僕がディーゼル特急や快速を追いかけているうちに

何度も何度もその姿を見た。

そして、このやくも号があるお陰で、山陰本線が

高速化の波に呑み込まれる事なく今日まで来たと

僕は確信している。

(その点では智頭急行も大きな貢献?)


たしかに「偉大なるローカル線」として今日に至る、

山陰本線はある意味時代に取り残された路線の

要素があるのかもしれない。


と、そんな事を今ほど痛感してはいなかった1987年。

それでも確かに伯備線と伯耆大山〜知井宮だけが

発展して見えたのは事実だ。



[PR] 山口県萩市の観光情報
posted by smilykaz at 12:00 | 東京 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 高2鉄道旅行・隠岐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

一年ぶりの再会いそかぜ号 in米子駅

ヘッドマークを見て触って写して楽しんだ後、

2番線ホームに別の列車が見えた。いそかぜ号だ。


そう言えば、昨年夏のいそかぜ号の事を思い出す。

急行だいせん5号を待って撮影会をしていたあの夜。

ホームにいた僕に作業員さんが「降りておいで」と、

特別に声を掛けてくださった、あの時触れたのが、

この、いそかぜ号だったのだ。

CCF20090531_00007.jpg

これから博多を目指して長いたびに出るところだろう。

綺麗に洗われた車体が少し輝いている様に見える。


特急まつかぜ号の区間短縮が決まったときには、

すごく残念に思い、いそかぜ なんていらん!と、

横暴なことを思ったりした。

でも今は大好きな列車のひとつになった。

去年の思い出が素晴らしかったからだ。



[広告] 新型インフルエンザ対策に高性能マスクを!
通販ショップ健作くんで販売中



posted by smilykaz at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 高2鉄道旅行・隠岐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

ヘッドマークを間近で撮影!in米子駅

列車のヘッドマークやサボを駅員さんが手で運ぶ姿に

なんとも親しみが湧いたばかりだが、

そんな僕をもっと驚かせるシチュエーションがあった。


それは、急行ちどり号のヘッドマークのことなのだが、

なんと、ホーム上に置いてあったのだ。

CCF20090531_00012.jpg

もちろん僕はベタベタと触り、感触を確かめた。

そして写真を撮ろうとして、ふと思い立った。

「やっぱり大きいわぁ。そや、大きさが分かるように

自分の靴を隣りに置いてみよか。」


ちなみに僕の靴は25.5センチだ。

残念ながら置いた角度が違うので分かりづらいが、

それでもヘッドマークが靴の2倍ほどあることは

大体想像がつくところだ。


それにしても、こんなところに置いてあるなんて!

いや、さっきまで落ち込んでいた僕への慰め?

確かに嬉しい、そして珍しいひとときの経験だった。




[PR] 鉄道のサボ型表札作りませんか J-TRIM山口で
posted by smilykaz at 15:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 高2鉄道旅行・隠岐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

ローカルな魅力いっぱいの撮影会in米子駅

米子駅での撮影会。

わかとりライナーを隣りのホームから写した僕は、

その列車が停まっているホームに行ってみた。


すると、駅の作業員さんが何かを抱えて歩いていた。

ヘッドマークプレートとサボだ。

CCF20090531_00009.jpg

大きな円形は「しまねライナー」のものだ。

そして、細長い長方形は「米子行」と書かれ、

下半分はブルーの地に白で何か書かれているようだ。


もしかしたら、今停車している わかとりライナーは

つい先ほどまで しまねライナーだったのかもしれない。


いずれにしても、キハ58の快速なんて贅沢だなぁと

感じながらその列車を眺めた。



【広告】 QRコードをフロアマットに印刷したQRマットのご用命は
posted by smilykaz at 17:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 高2鉄道旅行・隠岐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

喜びに切り替わった撮影会in米子駅

特急やくも1号の特急券を席に置いてきてしまった僕。

くやしいうっかりミスにガックリしながらも、

この米子駅で気分を一新してくれるものに出会った。

CCF20090531_00010.jpg

それは、よくあるキハ181系ディーゼル特急の姿。

でも何かが違う! そうだ。

悠長に駅のホーム下の線路に立って作業する姿!

それが何とも新鮮で昔なつかしい感じがして、思わず撮影。

作業完了したヘッドマークを見て「良し!」と言ってニッコリ。

そんな作業員さんを見てすごく和んだのだ。

CCF20090531_00011.jpg

こうして特急おき号は小郡に向けて出発の準備完了。

こんな風に直接人の手が掛かっている車両たちは、

大切にされているように見えてくるから不思議だ。


次に僕を楽しませてくれたのは「わかとりライナー」。

快速扱いの列車でありながら、とても誇らしげに、

ヘッドマークをいただいている。

CCF20090531_00008.jpg

そして、使用する車両もキハ58。つまり急行用。

いまでこそ車両レッドデータに載るほど絶滅を危惧され、

往年のファンは高岡まで出掛けるほどだが、当時の

スタンダードな急行用ディーゼル車だったのだ。


というわけで、実質的に急行と言える列車だったのが、

この、わかとりライナーなのだ。


この米子駅での撮影会はまだまだ続く。
posted by smilykaz at 16:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 高2鉄道旅行・隠岐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
鉄道COMへGO!  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。