◆◇姉妹ブログ:ヘッドマーク・鉄道デザイン博物館へもぜひお越しください◇◆

2009年04月28日

もう一方の旅行計画 再び山陰

牧野高校天文気象部の合宿は何とか無事に、

計画が前に進み出した。が、それはあくまでも

僕にとっては前菜のような位置づけにすぎなかった。


やはり、男は黙って・・・一人旅!

そんな思いで 「もうひとつの旅行計画」 も進めた。


今年は・・・・ん?・・・今年も・・・隠岐の島。

実を言うと、去年と同じ行き先ではあるが、

あえてそこを、もうちょっと別の角度から味わいたい。

そう思って隠岐の島に決めた。

またあの親友の家に泊めてもらって宿泊費は節約。

来年の旅行のたしにするのだ。


さて、どうやって別の角度で同じ行き先を味わうか。

それには「別のルートをとる」のが手っ取り早い。

そこでまず、可能なルートの選別にとりかかった。


親友の「つて」で、米子の親切な人が泊めてくれる

とのことだ。 ほんとにありがたいかぎりだ。


ということは、フェリーの時間をそれほど気にせず、

米子までの予定を立てれば良いことになる。


リストアップしたルートは・・・・

   @  播但線経由、和田山駅から山陰本線。

   A  姫新線経由、新見駅から伯備線。

   B  岡山まで山陽本線、そして伯備線。

この頃はまだまだ智頭急行線はできておらず、

上の3つのルートが現実的だった。


ただ、播但線は、和田山から先が山陰本線。

まぁ特急はまかぜ号の旅も捨てがたいけど、

半分は去年と同じということになる。う〜ん。


僕は以前、姉の友達が佐用の隣りの播磨徳久の

出身だということでよく話を聞いていたので、

姫新線にかなり興味があった。

結構いいかも・・・・と思ったが、

恐ろしく列車のつながりが悪い。・・・・・幻滅。


ということで、伯備線ルートをとることにした。

普通で行くか、L特急やくも号を使うかは後日、

財布と相談するということで。
posted by smilykaz at 22:01 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 高校2年乗り鉄・撮り鉄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

天文気象部 迷走する合宿地計画

合宿地の案はみんなの意見が一致で決定!

そう思われたのも束の間、思わぬ障害が・・・・

それは、新しく天文気象部の顧問になったS西先生。


「あぁ〜、この先生の事まだよく分かってなかった〜」

そう思わせる出来事が勃発!!!


「あのなぁ、山の上の方が空気が澄んでるし、

星を見るにもそのほうが絶対ええと思うで。」

そう、S西先生は実は大の山男だったのだ。


う〜ん、確かに先生の言うことは一理ある。

もし仮にイカ釣り漁船などが出ていたら海岸はアウト。

しかし、みんなは海水浴を切望している。

そして、僕は山陰本線と旧型客車を切望している。

どうするか・・・・。


あ、そうだ!山の不利な点を指摘しよう!

「先生!山は天気がころころと変わりやすいから、

安定した観測ができにくいと思いますよ」


僕がそういった途端、みんなも「そうそう」と大合唱。


結局、「今年はそういうことにしようか」とS西先生が

寂しそうに身を引いてくれた。  背中に哀愁が・・・。


こうして合宿地は兵庫県竹野町(現:豊岡市)となり、

民宿にも早々に電話予約を入れることができた。


次に交通手段を煮詰めていかないといけない。

ここは、僕とローカル線マニアの谷川君の主導で、

京都からの山陰本線ルートにあっさり決定した。

そして、ディーゼル急行 丹後1号をチョイス。


まだ山陰本線の保津川沿いの線路が切り替わる前、

今で言う嵯峨野観光鉄道の路線を走る景色だ。

後に電車でGO!の第1弾にも登場したあの景色!


そして、城崎から一区間ではあるが旧型客車の旅。

DD51が牽く、あの憧れの車両に乗ることになる。

CCF20090115_00001_edited.jpg
                (写真はイメージです)



ベーシックセットEX DD51・旧型客車・貨車(レールパターンA+B)
(基本セット・トミックス)5...
posted by smilykaz at 16:24 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 高校2年乗り鉄・撮り鉄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

高2の夏も二本立て!!でも行き先は・・・

めでたく高校2年生になった僕。

牧野高校天文気象部にも大きな変化が。

顧問の一人、芝*先生が転勤になり、S西先生に。

そして早々に先輩たちが引退し、僕が部長になった。

そして新入部員たちが・・・・2名。 享と久美子。


この、享(とおる)部員は、亨という名前のはずが、

出生登録に行ったお爺ちゃんが字を間違えてしまい、

気付かぬままこの字に決定したという過去を持つ。


こうして、同輩4人+後輩2人の合計6人で船出した

天文気象部であったが、合宿計画を練っていくうちに

クラスメートの谷川君が「面白そうやんけ〜」と、

あっさり入部してきたのだ。


さて、今年の夏の合宿はどこに行くか。

表向きには、

  @十分な暗さを確保できるところ。
  A低い位置の星も見える所→水平線→海。
  B一泊2食付で5,000円以内の宿。

といったテーマを掲げて候補地をリサーチし始めた。

もちろん、これには裏の要望もあって、

海水浴ができる砂浜があることを絶対条件とする

意見が大半を占めていたのだ。


僕にとってはその辺は「どちらでもいいや」と思ったが

ちょうど僕の願望とそれらのすべてが一致する所が!


兵庫県、竹野。山陰本線城崎駅(現:城崎温泉駅)の

次の駅、竹野駅で降りて海まで(車なら)すぐのところ。

弁天浜キャンプ場の近くの宿が条件をクリア。

あとは宿の確保ができるかの問題と思われたが・・・。


ちなみに、僕の願望は、改めて言うまでもないが、

京都発の山陰本線での旅と、旧型客車に乗る事だ。






posted by smilykaz at 14:45 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 高校2年乗り鉄・撮り鉄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一年の眠りを経て・・・・

JR元年。1987年がやってきた。

僕自身は昨年夏の「二本立て鉄道旅行」でお金を

ほぼ全部使い果たし、チャージ期間を黙々と過ごす、

そんなさなかの「国鉄の終焉」&「JR発足」だった。


4月1日にその瞬間がやってきた。

当然のこととして、僕たち牧野高校生も新学年に。

新しいクラスメイトの中に大嶽君という子がいた。

特別、鉄道ファンには見えなかった彼が、

何と僕の知らない情報を掴み、それをGETしていた。

それは「JNR時刻表」。

ごく普通にさえ聞こえるこの名称。しかし・・・

「鉄道弘済会監修時刻表」から「JR時刻表」に換わる、

たった一回の発行となったJNR時刻表4月号。

そんな情報屋の彼が僕の新しい鉄仲間になった。

とは言っても教室でその種の話をし報告しあう鉄友。


そしてもう一人、谷川君というローカル線好きの、

ちょっとマニアックな感じのクラスメート。

特にお気に入りは片上鉄道だとのこと。


こうして新学年が始まり、

夏の計画もじっくり練り始める。




posted by smilykaz at 00:15 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 高校2年乗り鉄・撮り鉄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
鉄道COMへGO!  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。