◆◇姉妹ブログ:ヘッドマーク・鉄道デザイン博物館へもぜひお越しください◇◆

2011年07月20日

鉄道の駅を旅する 陸羽東線中山平温泉駅(宮城県)

東北地方の鉄道路線図を見ていると、南北につながる縦の路線と、
横の路線(宮城県と山形県・秋田県と岩手県を結ぶ路線など)に大別できます。

その横の路線の一つである陸羽東線は、
東北本線小牛田駅と奥羽本線新庄駅を結ぶ路線で、
その沿線に数多くの温泉地があることから「奥の細道湯けむりライン」と呼ばれ、
実際に駅名に「温泉」やそれに準ずる名前が入っている駅が6つもあります。

そのなかで一番有名なのは恐らく鳴子温泉ではないかと思います。
中山平温泉駅の一つ東側に位置する駅ですが、
陸羽東線の列車はほとんどがこの鳴子温泉で折り返します。

鳴子温泉駅

そして今日ご紹介する中山平温泉駅ですが、
ここは鳴子温泉駅の西隣の駅であり、宮城県最後の駅なのですが、
ほとんどの列車が鳴子温泉で折り返し運転しているため、
古川方面に乗り換えなしで行くことがほとんどできません。
むしろ新庄に行く方の方が多いかもしれませんね。

中山平温泉駅

というわけで、宮城県内ではちょっと隔絶された感がある中山平温泉駅ですが、
それでも駅はとても清潔感や清々しさを感じる素敵な駅舎です。

中山平温泉駅前の蒸気機関車C58

駅前には陸羽東線でも活躍したと思われるC58型蒸気機関車が飾られています。
今年の冬は豪雪のためその姿が完全に埋もれた時期もありましたが、
いまはふたたびその力強いすがたの蒸気機関車をじっくり見ることができます。

中山平温泉駅ロータリー

中山平温泉駅前には大きな木をぐるっと回るようにロータリーが設けられています。
地元の人たちが車で送り迎えするのに十分な広さです。

中山平温泉駅待合室

駅舎内の待合室には、地元の小学校で手作りしたと思われる、
中山平温泉の案内リーフレットが置いてあります。
とってもかわいいですね。

中山平温泉駅ホーム

ホーム上から見た、中山平温泉駅舎です。
こじんまりしていますが、必要十分なものですね。
リゾートみのり号も停車する駅です。

最初に触れた鳴子温泉駅についてもまた特集しますね!

久しぶりの「鉄道の駅を旅するシリーズ」、陸羽東線・中山平温泉駅でした
posted by smilykaz at 15:15 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 駅コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

日本最北端の地 宗谷岬を目指す その3

ロードレーサーにとってこの上なく厳しい砂利道を何とかクリアして

再び快調に飛ばし始めた。

「宗谷」という表示が見えてちょっと喜びかけたが、

左手に持ったままの地図を見て確認。

案の定、宗谷岬まではまだ距離がある「宗谷」という集落。

予想通りということで、気を取り直して走り続けた。


さらに進むと清浜町という表示。

予定のペースからそれほど遅れていないことを確認して

さらに元気が回復する。

やがて、誰かの立像が見えてきた。

これはもしや・・・。ということで、自転車を止めて近づくと、

間宮林蔵渡航の地」という石碑と共に間宮林蔵さんの像が

誇らしげに立っていた。

(でも、現在ここには立っていないらしい。宗谷岬の日本最北端の地の碑の周辺のどこかに間宮林蔵立像があるそうだが、移設されたのか別物なのかよくわからない)

僕は思わず北の方角、海の向こうに目をやった。

樺太が見えないかと思ったのだが、見えなかった。


そこから数分。高台に赤い灯台が見えてきた。

前方だけしか照らせないような、変な灯台。

しかしその変な灯台が宗谷岬灯台だった。

稚内駅を出て約1時間半。午前8時前に到着した。

CCF20100401_00007.jpg

ここに来れば十中八九の人たちがする行動、

「日本最北端の地」碑の前での記念撮影をした。

しかしこれは、同じように撮影したいと思った見知らぬ人が、

「シャッターを押してもらえますか」と頼まれたことに応じた

お礼として撮影してもらったもので、僕の必須事項ではない。


さて、帰りの列車「急行天北」が稚内駅を出発するのが12時。

つまり、残りのタイムリミットは4時間である。

宗谷岬から稚内駅まで1時間半として、残り2時間半。

余裕は十分にあるからまず日本最北端の土産物屋へ。

 

posted by smilykaz at 12:22 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 駅コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

駅を旅する 中央本線富士見駅(長野県)

駅を旅する   中央本線 富士見駅

 今回の駅、富士見駅がある長野県の富士見町は、八ヶ岳連峰と南アルプス山系にまたがる山間の街。そして、避暑に最適なリゾート地である。中央本線は東京方面から山梨県内を通り、長野県に入るがその玄関口となるのがこの富士見町である。町内には信濃境、富士見、すずらんの里と3つの駅があるが、その中で中心的な存在なのが富士見駅である。

mDSCF4746.JPG

 元号が平成になって間もない頃、現在の山小屋風の駅舎になったらしい。特急あずさ号も数多く停車し、まさに別荘やペンションが多くあるリゾート地の玄関口としての役割を担うようになっており、それに見合った造りの駅といえる。

 冬の時期にはかなりの冷え込みの寒冷地であるため、駅構内にはストーブで暖められた待合室があり、駅そばコーナーも備えられている。味も結構良く、おすすめなのは山菜そばだ。

mDSCF4745.JPG
 
 駅の跨線橋は屋根が付いた立派なものだ。しかし、これは雨のためというより雪のための屋根の意味合いが強いと思われる。

 その跨線橋の向こうに見える山々が八ヶ岳。この日は一部しか見えなかったが、晴れた日はほぼ完璧に目の前に山が見えて非常に美しい。とりわけ美しいのは秋の紅葉の時期のカラマツの黄色い色に染まった八ヶ岳だ。ぜひ多くの方々に見てもらいたい。

CCF20090202_00009_edited.jpg

夜になるとすっかり雰囲気が変わるが、駅構内は煌々と明かりが灯っている。


東京から特急あずさ号で約2時間10分。軽井沢もいいけど富士見も快適な避暑地だ。


タッチダウンビール4種飲み比べ八ヶ岳地ビール

 味が濃厚!!八ヶ岳ベイクドチーズタルト
posted by smilykaz at 21:37 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 駅コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月14日

駅を旅する 宇部線常盤駅(山口県)

駅を旅するコレクション 宇部線常盤駅

中国地方の鉄道と言えば以前は瀬戸内側は山陽本線を中心に華々しく、山陰側に行くにつれてグラデーションのようにローカル色いっぱいになる、そんなイメージがあった。もちろん、人それぞれ感覚が違うかもしれないが、同じように感じていた人は僕たけではないと思う。もっとも、今では山陽本線もブルートレイン富士はやぶさを最後に、優等列車を見られるのが一部区間だけとなって、以前のような華々しさはなくなってしまった。

さて、そんな中国地方では華やかだった山陽側にあって、ずっと以前からローカル色いっぱいの路線があった。それは宇部線。新幹線が停まる新山口駅(旧小郡駅)を起点として、きらら浜のある阿知須を経て宇部市西部に入り、床波などを通って宇部市の中心市街地にある宇部新川駅、さらに進んで山陽本線宇部駅の0番線に至る。

宇部線は全体的に海から遠くない区間を走っているが、そのわりには海を実際に見ることができる地点は少ない。その観点で、特別な存在となっている駅が今回の駅、常盤駅なのだ。

DSCF7207.JPG

常盤駅の駅舎自体は小さな建物で目立たないが、そのロケーションは最高。ホームに立って列車を待つ間、ずっと青々とした海と爽やかな風を感じていることができる、そんな常盤駅だ。

DSCF7210.JPG

眼下には家々が数件見えるが、その向こうは瀬戸内海。常盤海水浴場があり、常盤駅から宇部線の線路をくぐり、歩いて坂を下ったらほんの数分だ。

DSCF7212.JPG

夕日を眺めたり、ひだまりのホームでゆったりした時の流れを楽しんだりするのも悪くない。常盤駅はそんな心の余裕をも与えてくれる気がする。

DSCF7209.JPG

常盤駅入口。ビニール傘は単なる忘れ物か、貸し出し用か?

DSCF7206.JPG

この自転車の数を見ると結構な利用者がいると見える。学生さんたちのものだろうか。常盤駅の位置は宇部市の市街地の西のはずれにあたり、ある程度地元の利用者を見込める位置といえるかもしれない。

それと同時に、常盤公園という大きな公園にも比較的近い位置にあるのでその利用者もいるかもしれない。

DSCF7211.JPG

ちなみに、山口宇部空港への最寄りの駅は常盤駅の隣り、草江駅である。しかし、その目的での利用者はほとんどいないようだ。


駅を旅する 宇部線常盤駅


日本海ファクトリー ヘッドマーク図鑑

posted by smilykaz at 12:29 | 東京 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | 駅コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

鉄道の駅を旅する 篠ノ井線・田沢駅(長野県)

鉄道の駅を旅するシリーズ。

今回は長野県中部にある田沢駅をクローズアップ。篠ノ井線に属しており、松本駅と明科駅の間に位置する。駅前のスペースに入ると、駅舎に大きく掲げられた「田沢駅」の文字が目に飛び込んでくる。この大きくて目立つ、江戸文字のような駅看板の田沢駅。非情に印象深い。

鉄道旅行コレクション田沢駅1

駅舎に入っていくと味わいのある特製の板に筆で書かれたと思われる、厚みのある看板が迎えてくれる。

鉄道旅行コレクション田沢駅2

この駅のつくりはちょっと面白い(が、お世辞にも便利よくはない)。駅舎からホームへと歩を進めると目の前が線路であり、電車がまさに目の前にやってくる。この日もちょうど中央東線カラーの115系電車が入ってきた。写真は、今ホームに滑り込もうとしているところであって、停車位置ではない。

鉄道旅行コレクション田沢駅3

ホームは島式1面2線ホームだが、そこに行くには上の写真の電車の右にあたる下り階段を降りて地下通路を通り、電車の左側にあたる位置に昇ってくる必要がある。下の写真はちょうど階段を昇った人がホーム上を見る視点。

見るとわかるとおり、階段を昇った後、 「屋根」 がある乗車位置までの間がとても遠い。列車の停車位置はさらに下の写真の通り。


鉄道旅行コレクション田沢駅4


下の画像は松本行きの電車がやってきたところ。乗車位置はけっこうホームの手前の方まで来る。でもそれならあの遠い位置の屋根は何のため?と感じてしまうところだ。それはそうと、列車の行き先は天竜峡。つまり飯田線直通の設定があり、JR東海型の車両が往来している。

鉄道旅行コレクション田沢駅5

再び駅舎側に戻り、ホーム上を見るといつの間にやら学生さんたちが乗車するために何人かホームに立っていた。確かに若い人たちにとっては階段の昇り降りくらい、何てことないだろうと思うが、ご年配の方々にはきついのではないだろうか。


鉄道旅行コレクション田沢駅6

こちらは田沢駅の駅名標。意外にもJR東日本型の統一デザインのものではなかった。比較的新しそうだが、デザイン自体は国鉄時代とたいして変わらない。

鉄道旅行コレクション田沢駅7

最後に、下車した人の立場で駅舎に入る位置からの画像。建物は建ったばかりという訳ではないがそれなりに奇麗である。

鉄道旅行コレクション田沢駅8



鉄道旅行コレクション田沢駅9

日本海ファクトリー通販の反射シート・蛍光テープ

posted by smilykaz at 16:29 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 駅コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

鉄道の駅を旅する 山口線津和野駅(島根県)

鉄道の駅を旅する。今回は山口線津和野駅の特集。

SLやまぐち号の終点としてよく知られている津和野駅だが、
それ以前に、観光都市としての知名度が十分高い。
森鴎外ゆかりの地、鯉が泳ぐ水路があり、白壁なまこ壁。

そんな観光都市と新幹線の駅を結ぶSLが復活して、
今年で30周年を迎えた。

mDSCF6210.JPG

そんな津和野の鉄道玄関はもちろん津和野駅。
情緒溢れる街並に溶け込んだ、落ち着いた造りの駅だ。

DSCF6211.JPG

おとなしければ何でもいいと言うわけではないが、白と茶は
この街にはとてもしっくりくる組み合わせだと思う。

mDSCF6212.JPG

駅構内もとても落ち着いており、ベンチに座る待合客も
どことなく静かに思えるから不思議だ。
kioskは営業しており、旅行者には助かる存在だ。
DSCF6214.JPG

改札から一歩踏み入れると、「明治?」の装いと思われる、
顔出し人形が立っていた。

mDSCF6216.JPG

そこから通路を進み跨線橋を渡って各ホームに行く。
SL30周年の旗がたくさん飾られていた。

DSCF6225.JPG

その通路途中、階段に上がる前の左手にはこんな
鉄道遺産がひっそりと立っていた。
(個人的には「懐かしい」部類を越えているが・・・)

mDSCF6217.JPG

跨線橋の上から、青野山、日原方面を見るとローカル線!
そうつくづく感じた。左前方にSLの引込み線がある。

DSCF6218.JPG

同じ場所で徳佐、山口方面を見ると、ローカル線ではあるが
明らかにこの駅が境になっていると見てとれる。

DSCF6219.JPG

ホーム上でも、やはり受ける印象は「落ち着き」だった。

DSCF6221.JPG

訪れてみて、津和野駅の、SLに傾ける情熱はよく伝わったし、
それを中心に駅の雰囲気作りをしてきたこともよくわかった。
ちなみに、このタイプの手書き駅名標は沿線の数駅にも、
設置されている。


【PR】 駅名標のような表札を作ってみませんか?
posted by smilykaz at 23:44 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 駅コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

鉄道の駅を旅する 小湊鉄道・上総牛久駅(千葉県)

鉄道の駅を旅する 小湊鉄道・上総牛久駅。

ローカル線の駅を絵に描いたような魅力的な駅だ。


mDSCF5766.JPG


小湊鉄道自体が関東有数のローカル線と言える存在だ。

だからか、映画やドラマのロケ地に選ばれることも多い。

(参照:小湊鉄道サイトより「ドラマや映画のロケ地になった駅」)

mDSCF5760.JPG

駅玄関のたたずまいにもその味わいぶかさは現われている。

流れていった長い時間。手入れの跡・・・。

mDSCF5765.JPG

改札口も。

下校の学生たちに「おかえり」と声を掛ける駅員を想像する。

mDSCF5769.JPG

列車が近づくまでは改札は一旦閉じる。

待合室は早く駅に着いたおばあちゃんたちの会話が弾む。

tDSCF5767.JPG

駅長室の看板はなんと「サボ」ではないか。

使わなくなったサボの使いまわし?それとも、同時製作?

mDSCF5768.JPG

その駅長室の前には防火用水と消火用砂。

砂を消火に使うとは知らなかったが、良さそうな気がする。

mDSCF5762.JPG

市原市の五井駅方面を見る。

ホーム屋根の柱の土台石がちょっと珍しいかもしれない。

こういう駅は、小さなもの一つ一つが珍しく見えて不思議。

mDSCF5771.JPG

でも駅本屋から繋がる屋根の柱は土台石が見えていない。

tDSCF5761.JPG

レトロでシンプルな駅名標だが、上部に照明の蛍光灯。

これは意外と見逃せないポイントだ。

夜になって薄暗く照らされる駅名標は旅情と哀愁を感じる。

mDSCF5763.JPG

上総中野方面の景色。

列車が来るところに出会えなくて残念。

CCF20090728_00030.jpg

入場券も懐かしい硬券だった。

でもよく見てみると、ローカルな私鉄だからか、

無地の厚紙の上に印刷されただけのものだった。

DSCF6237.JPG

小湊鉄道では、サクマドロップとタイアップしての企画物、

オリジナルドロップスを販売していた(2009年6月時点)。

僕自身はこの上総牛久駅で購入した。

ローカル線の希少性を上手に活用しているといえる。



ウィキペディアによる資料はこちら

【PR】 山陰本線の駅写真図鑑 下関〜東萩をウェブ公開中
posted by smilykaz at 17:15 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 駅コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

鉄道の駅を旅する 中央本線贄川駅(長野県)

長野県塩尻市南部。

国道19号線に面した所にある中央本線・贄川駅(にえかわ)。

この路線は多くが昔の中山道にあたり、宿場町跡も多い。


DSCF4704.JPG


そんな宿場町風情を守るためか、或いは単に古いからか、

趣きある駅舎が多く見られる楽しい路線だ。

そして、その一つがこの贄川駅なのだ。

DSCF4702.JPG

この駅に関しては、建物は結構新しいように思える。

白壁の部分はその白さを保っており、引戸の動きも良い。

さらに、点字ブロックの設置といった設備の面でも、

松本・長野方面ホームはバリアフリーであることなども

新しさを物語っていると思う。

DSCF4703.JPG

駅舎玄関に注目してみると、やはり宿場町の雰囲気を

大いに意識していることがうかがえる。



DSCF4701.JPG

こだわりは随所に。

例えば跨線橋にも統一デザインが施されているようだ。

特急が一本も止まらない駅にしては豪華な、

和風屋根つき跨線橋には驚いた。


さて、この駅のホームだが、上下線で位置がずれている。

駅舎側のホームがやや名古屋寄り。


DSCF4699.JPG

木曽路といえば日本で最初に振り子電車381系を投入。

それほど、カーブの多い山岳区間ということだが、

この駅のあたりは少し直線が続く。

しかし、またすぐ右に左に揺られることになる。

現在では383系振り子電車が活躍している。


DSCF4700.JPG

駅名標は誰の目にも明らかなJR東海タイプ。

オレンジ色のライン上に白いローマ字の駅名が特徴。



鉄道の駅を旅する 中央本線・贄川駅

[PR] 鉄道のサボ型表札作りませんか J-TRIM山口で
posted by smilykaz at 14:49 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 駅コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
鉄道COMへGO!  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。