◆◇姉妹ブログ:ヘッドマーク・鉄道デザイン博物館へもぜひお越しください◇◆

2009年02月10日

夜行急行だいせん5号の旅

CCF20090119_00001_edited.jpg
 

国鉄最後の夏、1986年。

急行だいせん は、まだ3往復の勢力を誇っており、

そのうち一往復、5号と6号が寝台車付きの夜行列車。


編成は20系を使用し、一部が座席車となっている。

寝台車両と同じ屋根の高さを持つこの車両ナハ21

は、とにかく開放感がすごい。

それまでも、それ以降も味わったことのない感覚。

写真は撮っていないが写真付きの記事を見つけたのでご紹介。
国鉄・私鉄の思い出様サイト


初めての輪行の旅となるが、自転車もしっかり固定。

まずは一安心だ。

さて、指定席をとった僕だが、いきなり満席状態。

「あんなに簡単に切符がとれたのに・・・・」

そんな思いと驚きが交錯する。

でも、先ほどの20系臨時寝台特急の宴を思えば、

急行だいせん だけ空席多数の訳はないと納得した。

そんなこんなで切符で指定されたとおりの通路側席。



いよいよ出発。先頭のDD51が甲高い汽笛を鳴らす。

動き出し大阪駅のホームがだんだん遠ざかっていく。

ほんの少しで淀川鉄橋に差し掛かる。

大きな音をたてて走っていくが、客車ならではの、

純粋にレールから響く音に、久々の新鮮さを感じる。


列車はやがて、尼崎から福知山線に入る。

非常にゆったりとしたペースで進んでゆく。

僕は大阪駅前の旭屋書店で買った本を読んだり、

時々乗降口に行って外の景色を眺めたりした。


その後、僕はトイレに入ってあることに気付いた。

ちょうどトイレのところに列車の方向幕があるぞ。

いたずらなどするつもりはないが、少し指で回る。

ほんの少し回すと、すでに区間廃止となった、

急行だいせん大社行きの方向幕が見えた。


すぐに元に戻して、僕はトイレを出た。

それから再び座席に戻り、本を読むことにしたが、

一つの疑問が起こった。

「この照明、いつ消えるんやろう?」

この疑問の答えが確定したのは次の日の朝だ。


やがて、山陰本線との合流点、福知山駅に着いた。

この駅で少し長目の休憩となる。

鉄道旅行の夜は長い。


※お詫び。 「鉄道旅行1986年版は2本立て!
       の記事で、急行だいせんの車両を
       12系と書いていましたが、それは次
       の年の旅行時のデータでした。




posted by smilykaz at 22:51 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道旅行高校1年生編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

天文気象部 合宿1986 IN伊勢志摩・大王崎 続編

鉄道の話がわずかしか出てこないことを、

前もってお詫びしたいと思う。

ここは三重県。伊勢志摩・大王崎。

バスに乗ってしまえば鉄道とは無縁の地である。


大きな地図で見る



牧野高校天文気象部合宿初日。

大福屋での美味い夕食の後、天体観測の準備へ。

天体望遠鏡の赤道儀の極軸あわせをした後、

S先輩 「アイピース、誰が持ってんの?・・・・・」

僕 「・・・・・・・・・・」

部員一同 「・・・・・・・・・・」

S先輩 「えぇ〜〜!!!おい、合宿やぞ!

    ここまで何しに来たと思ってんねん!」

そう、アイピースつまり接眼レンズを忘れてきたのだ。



仕方なく、肉眼での観察と双眼鏡での観測に終始し、

写真撮影も「星雲・星団」の撮影はあきらめて、

広い範囲の星座撮影に切り替えた。

やがて、雲が出始めたので片付けた。

能天気な真也たちは

「曇ったらアイピースがあっても見えへんで。」と、

言っている。そして漫画を読み始めた。



次の朝、僕は異様に朝早く目が覚めた。

民宿から灯台までジョギングを始めたのだが、

その帰りに粗大ゴミの山の中に、

ハンドルがグニャッと曲がった自転車発見。



僕はそれを拾って散策し始めた。

そこでふと中学校を見つけた。そこに人影が。

ちょっと思い立って、

「すみませ〜ん。僕は大阪の高校生で、合宿で

ここに来たんですけど、忘れ物をして・・・・・・・

・・・・アイピース、お借りできるものありませんか」


と、自分でもよくそんなこと言ったものだと思う。

でもとにかく必死だったのだ。

結局そこの学校にはなく、お借りできなかった。



でも、もう一軒学校を訪ねてみようと思い、

隣の「船越」という集落を目指した。

田舎のことだから、「隣り」と言ってもかなり遠い。

でもその間に「顕微鏡の接眼レンズでもいけるかも」

と思い立ち、船越中学校ではその両方を尋ねてみた



親切な教頭先生が応対してくださった。

「よく分かりました。顧問の先生が来て下さるなら、

今夜一晩お貸ししてもいいですよ。」


こうして2日目の夜はいくらか天文気象部らしい活動。



余談になるが、粗大ゴミの自転車がどうなったか。

べつにこんなのをコレクションする趣味はない。

実は、大王崎周辺の波切集落より船越の方が、

ゴミ回収順序が後だったようで、見事そこで出せた。



1986年8月3日。

バスで大王崎を後にした。

近鉄鵜方駅までの道は太陽がさんさんと降り注ぎ、

まさに真夏の海水浴ロードだった。

鵜方からはビスタカーで、今度はちゃんと西大寺まで

特急券を買った(八木で降りる理由など全くない!)

CCF20090125_00004_edited.jpg

こうしてバタバタと過ぎた高1の前菜 鉄道旅行は

幕を閉じた。

さあ、いよいよメインディッシュだ!

待ってろよ!急行だいせん、山陰、隠岐の島!



ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場

posted by smilykaz at 14:52 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道旅行高校1年生編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

天文気象部 合宿1986 IN伊勢志摩・大王崎

鉄道旅行第一弾!

1986年8月1日。

大阪府立牧野高校天文気象部一行は、

京阪電車樟葉駅に朝8時に集合した。


天体望遠鏡を抱え、星座早見表だの天文年鑑だの、

バッグに入れて、後はウォークマンを腰につけて

急行電車に乗り込んだ。

大きな地図で見る

同年の部員「真也」は、重そうなかばんを担いでた。

「何もってきたん?」と聞き、中身を見ると、

びっしり詰まったマンガ本が現れた。「真也・・・・」



さて、近鉄鵜方駅までのルートだが、

まず、丹波橋駅で京阪電車から近鉄電車に乗換、

一般的には近鉄西大寺駅から特急に乗る。

しかし、8月1日。まさに繁忙期だから混み合う!

との読みから、余計な事を言い出してしまった。

「このまま近鉄八木まで行った方が、大阪発の

特急もあるから乗れる確立が上がるんちやう?」


一見なるほど!の意見だ。皆も賛成してくれた。

CCF20090125_00003_edited.jpg

ところが!だ。

八木駅の窓口で特急券を求めたところ、

「昼過ぎやね」といわれた。今はまだ10時。

確立が上がると思われたのに全然ダメだった。

理由はこうだ。

@大阪発の賢島行きは八木駅を通過。

A大阪発で八木に停車する特急は鳥羽駅止。


これではどうしようもない。


そんなわけで2時間に渡り、通過する賢島行きと

停車する鳥羽行きを何本も見送り続け、

僕たちの乗る京都発賢島行きを待ち続けた。


その間、一瞬だけ盛り上がったのは、

修学旅行車あおぞら号が来た時だ。

肌色に赤の太いラインが国鉄特急電車に似て、

親しみ深く感じていた。

CCF20090125_00001_edited.jpg

ようやく2時間経過して僕らの列車がやってきた。

ビスタカー。当時の近鉄特急の代名詞ともいえる。

動き出した列車の中で外の風景が気になったが、

ここはやはり合宿ということで、みんなとの遊び、

ばばぬき、大富豪、ページワンなど、トランプで

遊ぶ方に集中し、鉄道満喫は半分あきらめた。


そうこうしているうちに、青山高原や伊勢中川、

松坂と進んでいった。

しかし、伊勢市駅が見えてきた頃ぼくの血が騒ぐ。

キハ58やキハ47など、ディーゼル王国の様子が

目の前に広がっているのだから。

「やっぱり国鉄の雰囲気がええわぁ」

そう、ここは近鉄と国鉄の乗換駅なのだ。


とはいえ、近鉄にとっての伊勢市中心駅は隣り。

宇治山田駅だ。駅の大きさも随分違う。

そして五十鈴川駅

ここで降りるとおかげ横丁があり、赤福本店も。



列車が鳥羽駅に到着しようとする頃、

急な坂を下りながら鳥羽湾が見えてきた。

そして、2面4線のホームすべてが特急車両で

埋まろうとしていた。

鳥羽駅折り返しの特急が多いことの証だ。

対照的に国鉄参宮線にとっては終端駅であり、

寂れた雰囲気が漂っている。


ここから先は単線となり、左に鳥羽水族館を見、

ゆっくり進んだ。古い町並み越しに海が時折見える。


でもやがて再び内陸部をスピード上げて走り出した。

志摩磯辺を過ぎ、少し南国風の印象も感じ始める。

今では志摩スペイン村があるこのあたりも当時は

志摩半島への経路に過ぎなかった。


そうしてついに列車は近鉄鵜方駅に到着した。

ここはまさに志摩半島の中心駅。

ここから賢島、浜島、阿児・大王・志摩町方面へと

それぞれに分かれる分岐点なのだ。


到着したホームには上り列車を待つ人たちが少し。

その中に、隣りの高校に通う、中学時代の級友が

二人いたのですごく驚いた。(美術部員)

ぼくたちの目的地に今日まで合宿でいたらしい。

絵かきの町大王としても知られている所なのだ。


僕は鵜方駅を降りてすぐ、改札を左に曲がって

観光案内窓口で周辺ロードマップをもらった。

実は、ほんの数日前にサスペンスドラマで見た

主人公の水谷豊さんの行動をまねたのだ。


そうして御座白浜行きのバスに乗り、大王崎の

波切漁港に程近い大王小坂バス停を目指した。

30分以上かかって到着した。


そして、美味しそうな名の民宿、大福屋到着。

疲れていたはずなのだが「海が近い」と聞くと

行ってみたくなり、みんなで歩き出した。

灯台が見える小高い丘で、「ここにしよう」と、

天体観測するポイントを決めた。

CCF20090125_00002_edited.jpg

しかし、事件が起こるのはこの後である。

とりあえず民宿に戻り、夕飯を戴くことにした。



[PR]ワイシャツ通販サイズ色々!ドゥエボットーニでハイセンスにきめよう!
posted by smilykaz at 17:56 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道旅行高校1年生編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

鉄道旅行1986年版は2本立て!

鉄道旅行だけのため約3年間頑張ってためた貯金!

ついに使う計画が進み始めた。

このたび進めようとしている計画は、去年引っ越した

親友の住む隠岐の島、西郷町(現 隠岐の島町)だ。

CCF20090119_00001_edited.jpg


その当時、急行だいせん は6号まであり、5,6号が

12系を使用した夜行列車だったので5号をチョイス。

指定席を取りたかった理由のひとつは、

今回からデビューの「輪行」のため。

指定席車なら乗客数が限られているため確実に

自転車を置くくらいのスペースは確保できるからだ。



1986年7月28日。

僕は親父が運転する車に乗って京都・向日市の

岩井自転車という専門店に行った。

自転車を入れる輪行袋とチューブラータイヤ購入。

そして、帰りに向日町駅のみどりの窓口に行った。



緊張した面持ちで「8月8日のだいせん5号指定席、

大阪駅から松江駅まで」と言った。

「もう10日前やからなぁ。とれるかなぁ」との心配は

必要なかったようだ。



まったくスムーズに切符を取ることができ、

ホッとして家に帰った。



しかし、大変なことに気付いてしまったのだ。

いや、普通の人ならなんでもないことなのだが、

急行券と乗車券が一緒になっているではないか!

これだと、急行券まで改札で取られてしまう!



そう、乗車券だけを改札で渡して急行券は残す!

その計画を実行するために僕は再び向日町駅へ。

自転車で追い風に乗って45分で到着。

そして窓口で切符を別けてもらい、今度こそ安堵。

しかし追い風の反対はまさしく向かい風。

1時間かけて家にたどり着いた。




さて、この夏の旅行計画が2本立てになったのは

部活関係ゆえだった。

天文気象部という文化系のくせに合宿がある。

しかも近場ではないのだ。行き先は大王崎。



京阪電車、近鉄を乗り継いで志摩半島の鵜方駅へ。

そしてバスに乗ってサーファーたちのメッカ、

阿児町、大王町。大王小坂というバス停から

すぐのところにある大福屋という美味しそうな

名前の旅館を予約した。



でも個人の鉄道旅行ではないので、言ってみれば

メインディッシュの前の前菜ってとこか?

なんて優雅な思いがよぎったりした。

あぁ、3年間頑張って良かった!



こうして国鉄最後の長距離旅行の準備が整った。
posted by smilykaz at 19:56 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道旅行高校1年生編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月06日

鉄道旅行三昧の高校生活スタート

1986年春。ついに高校生になった。

受験までは(ろくに勉強もしていないが)おおっぴらに

遊びに行ったりも出来ず、

自転車で身近な鉄道や駅の探索程度だったのだが、

高校に入ると色々と計画が湧き上がってきた。



とは言っても、自分でバイトして何とか費用を工面。

低賃金だから実際に動けるのは夏休みだけ。

それまではアリとキリギリスのアリのように、

長い蓄積生活を送るのだ。



さて、高校一年生で行くことになったのは島根県。

目的地としたのは隠岐の島。

そこに行くのに選んだルートだが、

大阪駅から松江駅まで急行だいせん5号に乗り、

自転車(輪行)でフェリーの七類港を目指し、

隠岐に渡り、帰りは境港駅から境線に乗り、

米子駅から出雲市駅、そこから大社線に乗り、

大社駅から再び自転車で日御碕へ。

そして、松江市の友人宅に泊まり、

次の日の夜、松江駅からだいせん6号で帰る。



そんな計画だがどうやって煮詰めていこうか・・・・

そして、切符は取れるのか?

初めての夜行列車一人旅の準備が始まる。
posted by smilykaz at 22:26 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道旅行高校1年生編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
鉄道COMへGO!  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。