◆◇姉妹ブログ:ヘッドマーク・鉄道デザイン博物館へもぜひお越しください◇◆

2009年04月08日

1986年冬 淀川鉄橋&赤川鉄橋

国鉄最後のダイヤ改正、1986年11月。

この改正は僕にとって結構大きなショックだった。

なぜなら、初めて写真撮影に行ったあの大阪駅で

初めて見た特急列車たちの一つが消えたのだ。

それは「まつかぜ」。

そして同時に急行丹波・だいせん(夜行を除く)。


キハ82からキハ181に代わった時も残念だったが、

それとは比べ物にならない変化。名前が消えた。


入れ替わるように登場したのがL特急北近畿だ。

まつかぜが消えたのは寂しかったが、考えてみると

電車化された まつかぜ を見たいかというと微妙。


又、この北近畿の183系車両は485系からの改造で、

先頭車には独特の一枚貫通扉がついていて、

ちょっと気になる存在だった。

かっこいいとは思わなかったが・・・・


大きな地図で見る

そんなダイヤ改正後の冬休み、僕は自転車で

淀川鉄橋のところに出かけていった。

残念ながらカメラを持っていなかったが、

思ったとおり北近畿はやってきた。


ヘッドマークのデザインが結構良くて、ちょっと納得。

こうして、福知山線電化開業に伴う変化を受入れた。

それはJR化前の一足速い新時代の幕開けだった。


帰りの道中、淀川堤防を進むと短時間で赤川鉄橋。

知る人ぞ知る、鉄道と歩道の共同橋だ。

そして、DD51率いる貨物列車が走って来た。

城東貨物線と呼ばれたこの路線は都会の中の

ローカル線といった雰囲気をもつ非電化路線だ。


福知山線の電化で一気にローカル線の色が消失!

と、思われた大阪近辺にまだこんな路線がある。

そう思うととても嬉しかった。



そんな思いで過ごした高1の冬から高2の春。

そうして1年ぶりの旅行計画が進み始めた。

高2の夏、1987年も2本立ての旅行計画だ!



追記: 城東貨物線は、おおさか東線として旅客線に

    変更する整備が進められており、一部開業済。

    赤川鉄橋を含む部分は将来的に開業予定。
posted by smilykaz at 21:47 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道写真撮影会高校1年編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

国鉄最後の夏 20系ブルートレイン臨時特急の宴 その2

ブルートレイン日本海51号。

「おぉ、お前もか!」という感じで僕は見つめた。

そう、この列車も同じく20系寝台客車使用だった。

テールマークは輝きが弱く、分かりづらい写りだが、

裏表の使い回しではなかったようだ。

ただ、デザインが24系とは異なり、波の形が違う。

(写真映りが悪いところはご容赦くださいませ)

CCF20090205_00005.jpg

この日、僕が初めて見た列車は、併結運転を始めた

特急あかつき明星だ。

数年前に出雲・紀伊の併結運転がなくなって以来の

異名列車併結の客車特急だったと思う。

そして、ここから混合ヘッドマークが登場した。

CCF20090205_00000.jpg

個人的意見ではあるが、後の富士・はやぶさ とか、

あかつき・なは と比べると、かなりセンスにかける

「とりあえず作ってみました」的なデザインだった。


この日、他に撮った写真はあと一枚。

今回はカメラの調子かカメラマンの腕かが不調で、

出来はいまいちだが、思い出のページということで。

CCF20090205_00004.jpg

381系特急しなの。大阪に来るのは一日一往復だが、

なぜか僕は毎回のようにこの列車と出会う。

この度は貫通型の先頭車だった。


それにしても、今回は初めての輪行ということで、

分解して輪行袋に詰めた自転車と旅行荷物をずっと

抱えながらの、すんごいハードな撮影会だった。


さて、こうして国鉄大阪駅を端から端まで走り回り、

20系ブルートレインの宴を楽しんだ僕。

ここからは自分の鉄道旅行の時間が始まる。

急行だいせんが大阪駅を出発するのは21:44。

列車が来るホームに立って、自転車の輪行袋を

ゆっくりと降ろした。



posted by smilykaz at 21:08 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道写真撮影会高校1年編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

国鉄最後の夏 20系ブルートレイン臨時特急の宴 その1

国鉄大阪駅。1986年8月8日の夜はすごかった。

僕は急行だいせん に乗る時間までずっと写真撮影会。

その夜、夜行列車はいずれの方向にもドンドン走った。

それだけ旅行者たちが鉄道を、しかも夜行列車を

支持してくれていた時代だったのだと今更感じる。

CCF20090205_00003.jpg

臨時特急××51号という設定がいっぱいあり、

その多くにかつての花形客車、元祖ブルートレイン、

20系客車が使われていたのだ。

鉄道ファンだけでなく旅行者も懐かしそうに見ていた。

CCF20090205_00002.jpg

しかし、ちょっと笑えるテールマーク。

なんと、裏表使い回しのテールマーク・ボードだった。

内照式だから、ライトアップしなければ問題ないけど、

夜行列車だけに必ずライトアップする。

すると、裏側のマークも透けて見える(笑)。

あかつき51号の裏側は急行。

そして明星51号の裏側は特急つるぎ。


このあとやってきた日本海51号の写真は次回掲載する。

posted by smilykaz at 23:33 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | 鉄道写真撮影会高校1年編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

国鉄大阪駅 撮影会 1986年夏!続編

国鉄大阪駅での撮影会は久し振りに熱が入った。

少しの間に583系寝台特急にかなりの削減があり、

その点は随分寂しくなった印象だが、

それでもブルートレインはまだまだ健在。

しかもヘッドマークまで復活しているとくれば、

自然と胸が高鳴ると言うものだ。

ブルートレインあかつき号

大阪駅でこの日最後に撮影したのは、

寝台特急あかつき4号。長崎・佐世保から到着した所。

あかつき2号はこのときすでに併結運転を開始。

寝台特急明星とセットで、ヘッドマークも別物を使用。



この後、僕はお隣の新大阪駅に移動。

それは次にくる寝台特急彗星が新大阪行きなので、

じっくり撮影し堪能するには終点の方が良いからだ。

寝台特急彗星号

入線してくるところをシャッタースピードを上げて撮影。

この時は「撮り鉄」より「乗り鉄」の気持ちの方が強く、

停車したブルートレインの内部を観察してまわった。

「あぁ、またブルートレインに乗りたいなぁ」



そう思いながら急行だいせんの座席の夜行旅行に、

思いを切り替えていた。

そう、明日から味わう鉄道旅行は座席を堪能するぞ。

久し振りの撮影会を終え、いよいよメインディッシュ!

そしていつかまたブルートレインの旅もするのだ!
posted by smilykaz at 23:02 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄道写真撮影会高校1年編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

国鉄大阪駅 撮影会 1986年夏!

近鉄で行く伊勢志摩合宿から帰還した直後、

メインディッシュ、急行だいせん、山陰、隠岐の旅

もう目前まで来ていた。



僕は、大阪駅まで自転車で20分のところに住む

祖母の家に2日前から泊まって、その日を待った。

とはいえ、ただボーっと待ったのではなく、

その間に撮影会を行なっていたのだ。



しばらく大阪駅に来ない時期があったがそのうちに、

いろいろと鉄道事情に変化があった。

まず、ブルートレインにすべてヘッドマークが

掲げられるようになったということ。

CCF20090201_00000_edited.jpg

まずは新潟から到着したばかりの寝台特急つるぎ

ローズピンクのEF81にヘッドマークがついた姿を、

初めて見たが、なかなか決まっていると思った。

CCF20090201_00001_edited.jpg

寝台特急日本海の濃紺のヘッドマークはさらに

板についていてかっこよかった。


別の変化は、急行銀河が20系客車から14系客車に

置き換えられ、グレードアップしたこと。

CCF20090201_00002_edited.jpg

味わいの点では20系の方が「急行銀河らしさ」を

演出してくれていたように思うが、これも時代の流れ。

考えてみれば「急行用」として定着していた20系も

もともと特急用花形客車だったのだから。


鉄道ファンしか気付かないような変化といえば、これ。

CCF20090201_00003_edited.jpg

気動車特急まつかぜ。実に地味なニュースだが、

キハ82系からキハ181系への変更。旅行者は知らず。

「ちょっとカクカクした感じかなぁ」くらい思えばいい方。

しかし、鉄道ファンには説明するまでもなく、

キハ181系は出力が高く、渓谷にも対応できる車両。

ちょうどこの頃から気動車にもデザインマークが採用。

このときにはこのヘッドマークが短命に終わることに

なろうとは、予想だにしていなかった。

だから、この写真も貴重なコレクションだ。



この夏はちょっと面白いものも走っていた。

急行ちくま に貨車マニ44を連結してバイクを載せる、

バイクトレインちくま なる列車があったのだ。

貨車の色もブルー系なのであまり違和感はなかった。

CCF20090201_00005_edited.jpg

横にステッカー・サインが入っていたがそれだけでなく

特製テールマークも用意されていた。

CCF20090201_00004_edited.jpg

12系客車の編成に貨車をつなぐという、この企画は、

東急観光と大阪鉄道管理局のコラボレーションで

行なわれていたらしい。



撮影会はまだつづく。
posted by smilykaz at 22:13 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 鉄道写真撮影会高校1年編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
鉄道COMへGO!  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。