◆◇姉妹ブログ:ヘッドマーク・鉄道デザイン博物館へもぜひお越しください◇◆

2008年12月07日

東京から帰還。その後の日々。

夢のような1983年夏をすごし、また来年も!と、

心に誓った僕たちだったが、小遣いを全部ためても

1年ではすずめの涙だった。

なにしろ月々1000円だったのだから。



というわけで、次に僕が出かけることが出来たのは

2年経過した中3の初夏、修学旅行でのことだった。

もちろん厳密に言うと鉄道旅行ではない。

しかし、心が鉄道と共にあったことは確かなのだ。



行き先は信州・白馬。

北陸方面から進み、糸魚川へ。

そして大町へと続く国道を南下して白馬へ。

その行程は次回から・・・・・



(本日午後から出張のため数日間更新は出来ません。その間姉妹サイトでお楽しみください)

カズの鉄道旅行 ちょっと昔の旅
http://railways3choume.blog.shinobi.jp/

ゆったり日本をあじわう自転車の旅
http://yuttaribike.blog.shinobi.jp/Entry/7/
posted by smilykaz at 08:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

番外編 − 大沢君の旅行写真 青森・大宮

今回は番外編として、

大沢君が送ってくれた写真の一部を

ご紹介します。

自分が写った写真が一枚もない・・・・

それが大沢君らしさかな。



まず、ヘッドマークの美しさで人気が高かった

はつかり。583系と485系の両方ある。

東北新幹線開業後なので、上野行きの

ロングラン特急ではなく、盛岡行きだ。

CCF20081007_00000_edited.jpg
CCF20081007_00005_edited.jpg





ブルートレインは東北・常磐線の「ゆうづる」

と、奥羽線経由の「あけぼの」。

いずれも上野〜青森だ。

CCF20081007_00004_edited.jpgCCF20081007_00006_edited.jpg

そして、このころ新規設定間もなかった

L特急たざわ。

ヘッドマークの「L」が右側に配置され、

特徴的だ。

CCF20081007_00001_edited.jpg

特急白鳥は、さきのダイヤ改正で消えた

急行「しらゆき」の格上げとしての福井行き。

そんな時代もありました。

CCF20081007_00011_edited.jpg

最後に東北新幹線200系と

185系200番台新幹線リレー号。

CCF20081007_00007_edited.jpgCCF20081007_00008_edited.jpg



いずれも懐かしさいっぱいの列車たちです。

(Photo 大沢達也君)

おまけ

CCF20081007_00002_edited.jpg

下切れが多い気がしますが、そこは小学生撮影の写真と言うことで・・・・


posted by smilykaz at 16:56 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

さよなら大沢君

CCF20081005_00000_edited.jpg

小学6年の日々も飛ぶように過ぎ、

年が明けて1983年(昭和58年)になった。

その頃には僕の周りには鉄っちゃんが

いっぱいになっていたが、

最初から鉄道ファンを公言し、

僕にも多大なる影響を与えた友達に

大沢達也くんがいた。(大澤達也かもしれない)



その大沢君が引っ越すことになった。

お父さんが生命保険会社で、

当時僕と同じ枚方市の社宅におられたが、

横浜に転勤が決まったのだ。



そんな大沢君との別れを惜しむ間もなく

卒業式が終わった。

実際のお別れは大沢君らしいものだった。

一人旅で青森に行って、

そこから横浜に向かうというのだ。



だから、僕たちは大阪駅まで

見送りに行くことになった。

彼が取った切符は日本海1号。

今から始まる旅の期待感で、

大沢君の目には涙はなかった。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大沢達也君をご存知の方いらっしゃいませんか?

実は、大沢君にお借りしたまま音信不通で

返せなくなってしまったものがあるんです。

個人情報をあまり公にはできませんが、

お心当たりの方、よろしければ教えてください。

*お名前:大沢(大澤かも)達也くん
*昭和45/4〜46/3生まれ
*鎌倉から枚方へ、そして
 枚方から横浜(東急田園都市線)へと転居
*ご両親と妹さんの4人家族だった。
*その夏、泊りがけで僕と友人がお邪魔しました


もし、大澤君ご本人が気付いてくれたら

最善なのですが、有力情報お待ちしています。



posted by smilykaz at 15:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
鉄道COMへGO!  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。