◆◇姉妹ブログ:ヘッドマーク・鉄道デザイン博物館へもぜひお越しください◇◆

2014年07月12日

出来たてホヤホヤの釧路湿原駅へ

釧路駅からトコトコと20分ほど、やってきたのは釧路湿原駅。
この駅はこの夏に開業した新しい臨時駅だ。

進行方向に向かって右側に棒線状のホームがあるのだが、
ログハウス風の素敵な木造駅舎が迎えてくれた。
この夏、釧路湿原駅前は人で大いににぎわっていた。

僕は輪行袋を持って坂道を上ることを避けたかったので、
駅の裏側の目立たないところにくくり付けておいた。

細岡展望台を目指そうと少し歩き出したところ、
幾つもの熱気球が飛び立つ準備をしているのが見え、
実際に飛び立ったものもあった。

長い坂を上っていく途中、「もしかしてこれがスズラン?」と思った花を撮り、
その後10年間思い込みのまま「すずらん見たよ」と
大嘘をついてしまったというちょっとしたいわくつきの場所あり。

展望台まで登った時、そこから見える景色は素晴らしかった。
実際、この旅行で「北海道らしい風景」と感じた印象的な場所のひとつだ。
ほとんど手の加えられていない湿原の自然、釧路川の蛇行。
人工物が視界にほとんどない景色・・・。素晴らしかった。

さて、そこで見知らぬ2人の女性に「シャッターを押してもらえませんか?」
と声を掛けられ、OKしたお返しに僕もシャッターを押してもらった。
これで、今回の旅行で自分が写っている写真が2枚になった。
ちなみに1回目は宗谷岬である。

もう少しゆっくり景色を眺めて、時間を忘れてしまいたい気分だったが、
帰りの列車を逃してしまうと2時間待ちの悲劇が待っているため、
駅へと坂を駆け下りるように進んでいった。

さぁ、自転車の輪行袋は無事だろうか?

お!大丈夫だ。確かに大切な荷物なのだが、
だれもこんな大荷物を持ち歩きたくはないだろうと高をくくっていた。

列車の時刻には何とか間に合った感じだったが、
どうやら数分遅れていたらしく、少しの余裕を持って待つことができた。
板敷ホームを足で踏みながら「ギシギシ」と鳴るのを楽しみながら
列車の到着を待った。

キハ54系のサイボーグな車体が見え、前面展望を楽しみながら釧路へ。
posted by smilykaz at 22:56 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 高3北海道鉄道旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
鉄道COMへGO!  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。