◆◇姉妹ブログ:ヘッドマーク・鉄道デザイン博物館へもぜひお越しください◇◆

2012年03月27日

知床峠へ残り半分!でも延々上り・・・

知床峠へ15qの上り。そして標高738m。

その道中の標高380mの標識を見つけ、残り半分と元気づいた僕。

とはいえ、距離にすると6qの看板までしか確認できていない。

つまり、半分に達していないということか。

「う〜ん、見落としたのかなぁ。」

そんなことを考えながらギーコ、ギーコと進んでいくと、7q標識が現れた。


そこで、とにかく距離も半分までは早くたどり着きたい! 

そう思って僕はペダルに一層の力を込めた。


やっぱり、精神力って大事なんやなぁ。

そう思えるほど、この瞬間からしばらくは足がよく回った。

左カーブ、右カーブと何度方向を変えたかわからないが、

そんな道をあっという間に1km進んだらしく、8kmの標識は意外なほど早かった。


でも、次の標高標識がなかなか現れないことに再び力が落ち始め、

なかなか9kmは現れなかった。

でもやがてカーブを曲がった後の直線の先に標高標識らしきものを見つけた。

自分の感覚の中では、「480mくらいまで来たかな」と思っていたが、

その標識には「500」という数字が! 「おぉ〜、20m得した!」

そう思ったのだが異常に視力がいい僕の場合(スピードの遅さもあり)、

その標識が見えてから実際にその地点にたどり着くまでに1分半もかかった。

要するに、さっき自分がいた地点はおそらく予想通りの480m位だったのだろう。


さて、ここから僕はペースを上げもせず、無心で上っていくことにした。

だんだん後ろから追い越す自動車の数が多くなってきたなぁなんて思ったその時!


眼下に広がるオホーツク海が見えてきた!

考えてみるとこの峠を越えたらもう見ることができないこのオホーツクを

しっかり目に焼き付けておかないと! と思い、

僕はちょっと自転車を止めて休憩がてら写真を撮ることにした。

そしてもちろん自分のこの目にもしっかり焼き付けた。

CCF20100401_00016.jpg

こうしてもう一度息を吹き返した僕だったが、それでも知床峠の残り半分は長い。

あと5kmと少しの道のりをまだまだ上り続けていく。



 

鉄道.COM   にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

 

反射材 のご購入は日本海ファクトリー
posted by smilykaz at 23:03 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 高3北海道鉄道旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/260555111
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
鉄道COMへGO!  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。