◆◇姉妹ブログ:ヘッドマーク・鉄道デザイン博物館へもぜひお越しください◇◆

2010年03月06日

天文気象部合宿 帰り編

合宿は、潮岬測候所見学や潮岬灯台見学、

そして天体観測をこなして帰りの日を迎えた。


その間、一切鉄分がなかったため帰りが待ち遠しかった。

そうして、往路と同様自転車で先に走り出した。

来た時は半島を東回りだったが帰りは西回り。

強く吹く潮風を感じながらの快適な走りだった。


すると、かなり短い時間で串本駅についてしまった。

早速自転車を解体して輪行袋に入れた。

輪行もずいぶん回数をこなし、ベテランの域?かも。


持て余した時間は駅前のお土産やさんでつぶした。

やはり南紀といえば那智黒。所狭しと並んでいた。


僕たちが到着してすでに30分。ようやくバスが到着。

さて、僕たちが乗る列車は2339M紀伊田辺行き。

串本に到着し、15分の休憩に入っている。

その間に特急くろしお号が来て出て行くのが見られた。


出発は13時53分。みんなは急いでお土産を買っている。

僕と享君は青春18きっぷを購入して先に座席をキープ。

そして、僕だけが改札口に戻って切符を部員に渡した。


帰りの列車内からはとにかくずっと岩場の海が見えていた。

そう、あれほど頑張って「山VS海闘争」に勝利したのに、

海水浴場などどこにもなく、みんなで泳ぎをenjoyする計画は

砂の城の様にはかなく消えていったのだ。


天文気象部一行は紀伊田辺駅で363Mに乗り換えた。

この度は乗り換え時間が4分しかなく、下車印がやっと。

と思ったら、隆行部員1人が駅弁を買ってきていた。


みんなのブーイングを浴びながら半分くらいまで食べた隆行。

しかし、耐え切れず、そこで食べるのを中断した。

いや、みんなは面白がってブーイングしていただけなのだが。


列車は17時37分に終点の和歌山駅に着いた。

ここまで来ると結構大勢の人でごった返している。

急いで阪和線快速に乗り換え、部員の半数は席に着いた。

自転車輪行部隊の僕たちは自転車を守るため立ったまま。


吊革をつかんで流れる景色を眺める。

でもふと車内を見回したときに信じられない光景が・・・。

隆行部員が満員の車内のベンチシートで駅弁を広げ、

ブーイングではなく周りの冷たい視線を浴びながら

空腹を満たそうとしていたのだった。


僕たちは大阪環状線、京阪電車と超満員の電車に揺られ、

なんとか樟葉駅までたどり着くことができた。



【PR】 ヘッドマーク図鑑


posted by smilykaz at 21:54 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 高3夏の天文気象部合宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして!
突然のコメント失礼いたします。

列車旅の醍醐味は駅弁ですよね。
空いている区間なら風情ありますが、混雑してくると、気まずい感じになりますね…。

話は変わりますが、過去のブログ記事を拝見いたしました。
そこで、西岩国駅の画像に一目惚れしました。
以前、西岩国駅に行ったことがあるのですが、夜で、しかも携帯電話しか持ってなくて…。
微妙な画像しか持っていません。

もしよかったら、西岩国駅の駅舎の写真をコピペさせて頂けないでしょうか?
ご検討お願いします。
Posted by さむ at 2010年03月13日 22:32
>さむ様

良心的で情熱あるコメントをありがとうございます。どうぞ、画像をご使用下さい。でも、もし良かったら次のようなご提案をしたいと思います。
私は西岩国駅関連の画像を8枚所有しています。お望みでしたら無償でメール送信にて差し上げることができます。代わりに私のもうひとつのブログ「ヘッドマーク博物館」http://ameblo.jp/smilykaz/ へのリンクを貴方様が運営なさっているサイト・ブログ等に貼っていただけないでしょうか。もしHPをお持ちでないなら、クチコミで周囲の方々にご紹介いただくだけでも結構です(私からは確かめようがありませんが、そこは信用するとして・・)
以上、ご希望でしたらどうぞご連絡下さい。

Posted by smilykaz at 2010年03月14日 11:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142925751
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
鉄道COMへGO!  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。