◆◇姉妹ブログ:ヘッドマーク・鉄道デザイン博物館へもぜひお越しください◇◆

2009年09月20日

長崎駅でのワクワクするような時間

長崎駅は僕にとって夢の空間だった。

L特急かもめ を撮影したあと、目に付いたのはやはり、

ブルートレインだ。到着してホームから引き上げてはいたが、

300ミリ望遠レンズを持っていっていたのでカメラにとらえた。

CCF20090917_00002.jpg

14系のフル・ホワイトライン編成はブルートレインさくら号。

実はその隣りに14系15形の、あかつき編成が休息中。

こうして、ブルートレインも満喫できたことは嬉しかったが、

これは望遠レンズ。画像が暗く、テールマークが見えない。


さて、時刻はまだ11時。

12時過ぎに着く寝台特急みずほ号を待つことは無理だった。

僕たちはあきらめて、他の目ぼしいものを見つけては撮影。

CCF20090917_00004.jpg

DE10の前に何やらヘッドマークがついている。

これはタウンシャトルというヘッドマークだった。


ここ、長崎では電車だけでなく客車を使ったタウンシャトル

が存在するという、都会では考えられない状況があった。

まあ福知山線に「タウンシャトル」という呼び名をつければ

それも有り得たのかもしれないが・・・。

CCF20090917_00006.jpg

こちらは415系のいわゆる普通のタウンシャトルだ。

が、よく見るとその背後にキハ35系の姿があり、

そのヘッドマークにもタウンシャトルと・・・。


なんでもありのタウンシャトル見学を終えた僕と谷川君は、

他の4人が待つ改札前のベンチに向かった。



【PR】 反射ステッカー広告は日本海ファクトリーで


posted by smilykaz at 21:55 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 高2の修学旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
鉄道COMへGO!  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。