◆◇姉妹ブログ:ヘッドマーク・鉄道デザイン博物館へもぜひお越しください◇◆

2009年08月18日

余部鉄橋・そして急行だいせん最後の夜

「余部鉄橋まだかな・・・・まだかな・・・・」

そう思って待ち続けていたが、心地よいレールの響きが、

まるで子守唄のように感じ始めた。まずい・・・。


その時だ。線路の音が急に轟音になったかと思ったら、

その一方で、突然海の景色が開けて漁火が見えた。

鉄橋を渡りながら、視界をさえぎるトラスもないことに

一抹の不安を感じ、それでも景色の美しさに感動した。

都会の夜景とは似ても似つかない、特別な“夜景”に。


それから暫くは「和風列車みやび」事故の事を考えていた。

やがて香住駅に到着し先日の合宿地「竹野」が近づいた。

ほぼ真っ暗な竹野駅を通過する所までは起きていたが

興奮を覚えながらも眠気には勝てず、しばらく僕は眠った。

そして次に目ざめたのは丁度福知山駅に着く直前だった。


時刻は午前3時30分ごろ。野生の感とでも言うのか・・・。

到着予定5分前だった。


福知山駅には30分以上停車する。

だから、またしばらくは訪れることのなさそうなこの駅を

もう一度しっかり目に焼き付けておきたい!そう思った。

そして、急行だいせん号は福知山駅に到着した。


駅本屋だけが煌々と明るく、ホームには最低限の灯り。

確かに、こんな真夜中に降りる人はほとんどいない。

作業が出来さえすればいいのだろう。


この度も旧型客車は健在だ。「先日竹野で乗った奴かな」

その確率は高くない。

でも、この風景をいつまで見られるのかなぁ。

そう心配する思いでいっぱいだった。


そうして思いを馳せているうちに30分は過ぎていった。

午前4:08。福知山駅の始発列車?急行だいせん発車。

僕はこの夜にやりたいと思ったことすべてをやり終えて、

思い残すことなく眠りについた。


言うまでもなく、目ざめたのは大阪駅到着を案内する

車内放送でのことだった。


【広告】 鉄道趣味の表札、作りませんか
posted by smilykaz at 23:47 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 高2鉄道旅行・隠岐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

12系急行だいせん号 帰途の旅 米子から
Excerpt: 急行だいせんの窓のすぐ外で青春18切符のチラシを受け取る板倉君。 当然ながら、「よくわかんないけどありがとう」と言ってちょっとにっこりした。 あのチラシは今どうなっているかな。まだ持ってい..
Weblog: 鉄道旅行−ちょっと昔の旅と駅
Tracked: 2009-10-01 16:38
鉄道COMへGO!  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。