◆◇姉妹ブログ:ヘッドマーク・鉄道デザイン博物館へもぜひお越しください◇◆

2009年05月23日

城崎駅からの帰りの道中

硬券を5枚GETして、谷川君と分け合ったあと、

キハ47を2両繋いだ普通列車に乗り、城崎駅を出た。

左に円山川を見ながら列車は京都を目指す。


そういえば、特急はまかぜに乗ってきた久美子部員が

玄武洞の所で特急の車掌さんが解説をしてくれたと

話していたが、この列車はどうなのだろう?

「・・・・何もない・・・・。」

考えてみれば普段「地元の人の足」でしかない列車が

毎回毎回解説などするはずがない。

ちょっとがっかり、でも納得して玄武洞駅を後にした。


2両の短い列車は爽やかな風を感じながら豊岡へ。

豊岡に到着すると、宮津線の久美浜のポスターが。

何の関係もないが久美子部員がやけに喜んでいた。


帰りの道中も行きと全く同じルート。

山陰本線をずっとまっすぐ終点京都まで行く。

和田山駅で播但線の列車を横目に見ながら前進。

右を走る国道9号線と併走。

トコトコゆっくり走り、兵庫県から京都府への県境、

夜久野峠に差し掛かる。


上夜久野駅から軽やかに峠を下り、惰性でゆるりと

ホームに入る。下夜久野駅だ。

この駅で下り列車と交換のため暫く停車する。

しかも下り列車が幾らか遅れているということで、

僕らは途中下車して駅の外に出てみることにした。


お昼を回り、もうすっかりおなかがすいていた。

それで駅車内にある売店(?)で食べるものを買った。

ウェハースのようなパンと、サーチというジュース。

(たしか漢字で沙・・・?)

下り列車が到着したのを見て僕らは列車に戻った。

そして穏やかな風の中、福知山駅を目指す。

やがて福知山城が見え、列車もスピードを落とした。


これで福知山駅に来るのは4回目だ。

そしてこの合宿から帰ると隠岐旅行VOL.2があり、

帰りのルートでまたここを通ることになる。

ずいぶん馴染みの駅になってきた。


ここから暫くはぼんやり外を眺めていた。

しかし、そんな僕を一気に目ざめさせるイベントが!。


その場所は園部駅。

わずか2両編成で走ってきた列車が増結するらしい。

ということは連結シーンが見られる!

喜び勇んでドアを飛び出した。

CCF20090510_00007.jpg

「カチャン」 

4両となり、正真正銘の「列車」となった。

ワクワクするようなひとときを味わい、園部駅を出た。


列車が亀山に着く頃には、徐々に太陽が傾き始め、

保津川沿いを走るころ、川向こうの山々が輝いていた。

今は嵯峨野観光鉄道のトロッコでしか見られない風景。

本線から見られなくなったのは寂しいが、

よくぞ営業路線として残しておいてくれたものだと思う。


二条駅で見る西の空に太陽が今にも沈もうとしていた。

さあ、いよいよ京都駅目前だ。


[広告] ガラスのUVカット、飛散防止フィルムなら
posted by smilykaz at 19:38 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 高校2年乗り鉄・撮り鉄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120065633
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
鉄道COMへGO!  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。