◆◇姉妹ブログ:ヘッドマーク・鉄道デザイン博物館へもぜひお越しください◇◆

2009年05月22日

天文気象部竹野合宿も帰途に・・・

1987年7月27日。

天文気象部竹野合宿もついに3日目、帰る日となった。

「天体観測」に関して言えばちょっと物足りない内容。

しかし、鉄分摂取と海水浴については大満足の合宿。

そして、これから帰りの道中をどう楽しめるか・・・・。


「どうもお世話になりました!」

そう言って、まず自転車部隊が民宿を後にした。

そして、ワゴン車に乗ってその他一行が竹野駅へ。

でも考えてみると、来た時より一人増えたはずなのに

どうやって乗ったのか・・・。定員が・・・。

見なくてよかった。


さてこの夏、僕が始めて経験したことがもう一つある

(昨日シーフードヌードル以外に)。

それは青春18きっぷだ。

京都駅でも城崎駅でもポスターが貼られていて、

帰りはこれを使ったら安上がりやなと思っていた。

それで竹野駅で「青春18きっぷ一組ください」と言った

のだが、残念ながら「ここにはないですね」との返事。

仕方なく、城崎駅まで行ってから買うことにした。


ところが!怪我の功名とはこのことだと思った。

この、竹野駅から城崎駅の一区間の切符が硬券!

CCF20090515_00000.jpg

やった!硬券GETや!

この硬券を複数枚手にするために、また城崎駅では

僕だけ改札を出、部員たちはホームで待ってくれた。

こうして僕たちは青春18きっぷデビューを果たした。

CCF20090301_00003.jpg

当時の金額は¥11,000。一人当たり2,200円。

つまり、竹野駅からの180円を足すと2,380円となり、

通常の運賃2,400円とほぼ同じになる。

しかし、20円得した上に硬券が手に入ったという

ことが僕にとっては大満足だった。

JR発足後にも国鉄デザインの切符が暫く継続して

使用されると聞いてはいたが、なんと硬券とは!


[広告] インフルエンザ対策には超微細対応のマスクで!
posted by smilykaz at 14:46 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 高校2年乗り鉄・撮り鉄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/119996075
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
鉄道COMへGO!  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。