◆◇姉妹ブログ:ヘッドマーク・鉄道デザイン博物館へもぜひお越しください◇◆

2009年05月16日

竹野駅から弁天浜まで・・・到着。

竹野駅での、珍しく部員が写った記念撮影を終えて

天文気象部一行はベンチに腰を下ろした。

又、宿泊予約した僕が弁天浜の民宿に電話をした。

「もしもし、大阪の牧野高校天文気象部ですが。

お迎えの車をお願いできますか?」


「あれ、そうですか。さっき行ったはずですけど〜

あら、今ちょうど車が駅から帰ってきましたワ」


なんと、僕たちに気付かず、他の泊り客だけ乗せて

僕らを置き去りにして行ってしまったらしい。

仕方ないのでもう一度来てくれるのを待った。



さて、その間僕と享部員は自転車で行こうということで

輪行袋をほどき、自転車を組み立て始めた。

やがて到着したのは驚いたことにマイクロバスでなく、

7人乗りの小さなワゴン車だった。

運転手さんと先生2人、そして部員は4人しか乗れない。


余りが2人・・・「うぉ〜、ピッタリや!」




これなら、さっき僕たちに気付いてくれていても

最初から乗れなかったということではないか。


つまり、時間を無駄にしたわけではなく、

なるべくしてこうなったのだとみんな納得した。
 

(揃いも揃ってお人好し集団!)


またやっちまった!と焦っていた運転手さんも、

ホッとした顔をしていた。

 


 

ワゴン車は駅前通を海に向かって進み出した。


僕と享部員の自転車もワゴン車を追って付いて・・・・


というより、追い越さんばかりの勢いで走った。
 


 

左にある木造校舎の小学校(?)の校庭で少年達が

野球をする姿。何だか昭和40年代のような雰囲気だ。
 


どなたかこの建物について分かる方いませんか?もうなくなった?
 

右側を流れる竹野川にかかる橋は東町への橋。
 


東町と西町をつなぐ橋の上から
 

向こうは向こうの集落が広がっており竹野浜があり、

別世界の海水浴客たちという印象だ。
 

 

そして僕らはまっすぐ西町へ進み、弁天浜に着いた。



[PR] 山口県萩市の観光情報

posted by smilykaz at 21:38 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 高校2年乗り鉄・撮り鉄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
竹野町住民です。偶然貴ブログを見つけ、懐かしい思いで拝見しました。ブログの更新日と合宿の日にちがどうもおかしいと思いつつ読み進めると過去の内容だったと理解しました。1987年夏は観光地としてとても活気付いていた時代です。写真の木造校舎は中学校ですね。現在は移転して更地に成っています。天体観測はなかなか怖い処でされたのですね。ひとりで見に行かなかったのは良かったかもしれません。昨今の竹野浜は静かなリゾートでゆったりとしています。またどうぞご家族でお越しください。
Posted by at 2009年05月25日 22:21
コメントありがとうございます。
私にとっても本当に懐かしい思い出の1ページで、実は社会人になってからも2回ほど通りました。

それからもずいぶん期間がたちますが。

このブログを書きながら「竹野の方」から、あの建物についての情報が来ないかなと、少し期待をしておりましたので本当に嬉しかったです。でもやっぱりなくなってしまったんですね。少し寂しいですね。

この度はありがとうございました。
よろしければまたブログにおいでくださいね。
Posted by smilykaz(管理人) at 2009年05月25日 23:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/119634997
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
鉄道COMへGO!  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。