◆◇姉妹ブログ:ヘッドマーク・鉄道デザイン博物館へもぜひお越しください◇◆

2009年03月20日

思い出のブルートレイン富士はやぶさ 7号車 2レ富士はやぶさ門司駅出発

JR九州最後の駅、門司。

ここからの出発シーンを見るのはこれで2回目だ。

だから前回の出発ホームで間近に見る方法ではなく

隣りの4番線ホームで全体を眺める見送り方にした。



出発までの時間、僕は4番線から列車全体を眺め、

12両の客車たちを一つ一つねぎらいながら歩いた。

2レ富士はやぶさ後部から全体像

車体に痛々しい劣化が見られるところも確かにある。

でもそれも含めて素晴らしい歴史を感じさせてくれる。

出発を待つ2レ全体像前方から.jpg

さあ、発車の時だ。

トンネルを抜けるとJR西日本の管内。

そして、JR東海、JR東日本と4社にまたがる走行。

本当にすごい列車だったのだと改めて思う。



ブルートレインが去ったホームは祭りの後の静けさ。

そんな中、東の方からひっそりと現れた奴がいた。

先ほどまで富士の先頭に立っていたED76だ。



役目を終えて静かに、自分の場所に戻って行った。



これから、彼の居場所はどこになるのだろう。

ふと、そんな心配が頭をよぎった。
posted by smilykaz at 12:07 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 変わりゆく鉄道旅行−惜別特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
鉄道COMへGO!  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。