◆◇姉妹ブログ:ヘッドマーク・鉄道デザイン博物館へもぜひお越しください◇◆

2009年02月01日

国鉄大阪駅 撮影会 1986年夏!

近鉄で行く伊勢志摩合宿から帰還した直後、

メインディッシュ、急行だいせん、山陰、隠岐の旅

もう目前まで来ていた。



僕は、大阪駅まで自転車で20分のところに住む

祖母の家に2日前から泊まって、その日を待った。

とはいえ、ただボーっと待ったのではなく、

その間に撮影会を行なっていたのだ。



しばらく大阪駅に来ない時期があったがそのうちに、

いろいろと鉄道事情に変化があった。

まず、ブルートレインにすべてヘッドマークが

掲げられるようになったということ。

CCF20090201_00000_edited.jpg

まずは新潟から到着したばかりの寝台特急つるぎ

ローズピンクのEF81にヘッドマークがついた姿を、

初めて見たが、なかなか決まっていると思った。

CCF20090201_00001_edited.jpg

寝台特急日本海の濃紺のヘッドマークはさらに

板についていてかっこよかった。


別の変化は、急行銀河が20系客車から14系客車に

置き換えられ、グレードアップしたこと。

CCF20090201_00002_edited.jpg

味わいの点では20系の方が「急行銀河らしさ」を

演出してくれていたように思うが、これも時代の流れ。

考えてみれば「急行用」として定着していた20系も

もともと特急用花形客車だったのだから。


鉄道ファンしか気付かないような変化といえば、これ。

CCF20090201_00003_edited.jpg

気動車特急まつかぜ。実に地味なニュースだが、

キハ82系からキハ181系への変更。旅行者は知らず。

「ちょっとカクカクした感じかなぁ」くらい思えばいい方。

しかし、鉄道ファンには説明するまでもなく、

キハ181系は出力が高く、渓谷にも対応できる車両。

ちょうどこの頃から気動車にもデザインマークが採用。

このときにはこのヘッドマークが短命に終わることに

なろうとは、予想だにしていなかった。

だから、この写真も貴重なコレクションだ。



この夏はちょっと面白いものも走っていた。

急行ちくま に貨車マニ44を連結してバイクを載せる、

バイクトレインちくま なる列車があったのだ。

貨車の色もブルー系なのであまり違和感はなかった。

CCF20090201_00005_edited.jpg

横にステッカー・サインが入っていたがそれだけでなく

特製テールマークも用意されていた。

CCF20090201_00004_edited.jpg

12系客車の編成に貨車をつなぐという、この企画は、

東急観光と大阪鉄道管理局のコラボレーションで

行なわれていたらしい。



撮影会はまだつづく。
posted by smilykaz at 22:13 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 鉄道写真撮影会高校1年編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

4453
Excerpt: 先日のことです。私の友人が教えてくれたんですけど鉄道についてたくさんの資料を・...
Weblog: 鉄道
Tracked: 2009-02-02 13:26
鉄道COMへGO!  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。