◆◇姉妹ブログ:ヘッドマーク・鉄道デザイン博物館へもぜひお越しください◇◆

2009年01月27日

天文気象部 合宿1986 IN伊勢志摩・大王崎 続編

鉄道の話がわずかしか出てこないことを、

前もってお詫びしたいと思う。

ここは三重県。伊勢志摩・大王崎。

バスに乗ってしまえば鉄道とは無縁の地である。


大きな地図で見る



牧野高校天文気象部合宿初日。

大福屋での美味い夕食の後、天体観測の準備へ。

天体望遠鏡の赤道儀の極軸あわせをした後、

S先輩 「アイピース、誰が持ってんの?・・・・・」

僕 「・・・・・・・・・・」

部員一同 「・・・・・・・・・・」

S先輩 「えぇ〜〜!!!おい、合宿やぞ!

    ここまで何しに来たと思ってんねん!」

そう、アイピースつまり接眼レンズを忘れてきたのだ。



仕方なく、肉眼での観察と双眼鏡での観測に終始し、

写真撮影も「星雲・星団」の撮影はあきらめて、

広い範囲の星座撮影に切り替えた。

やがて、雲が出始めたので片付けた。

能天気な真也たちは

「曇ったらアイピースがあっても見えへんで。」と、

言っている。そして漫画を読み始めた。



次の朝、僕は異様に朝早く目が覚めた。

民宿から灯台までジョギングを始めたのだが、

その帰りに粗大ゴミの山の中に、

ハンドルがグニャッと曲がった自転車発見。



僕はそれを拾って散策し始めた。

そこでふと中学校を見つけた。そこに人影が。

ちょっと思い立って、

「すみませ〜ん。僕は大阪の高校生で、合宿で

ここに来たんですけど、忘れ物をして・・・・・・・

・・・・アイピース、お借りできるものありませんか」


と、自分でもよくそんなこと言ったものだと思う。

でもとにかく必死だったのだ。

結局そこの学校にはなく、お借りできなかった。



でも、もう一軒学校を訪ねてみようと思い、

隣の「船越」という集落を目指した。

田舎のことだから、「隣り」と言ってもかなり遠い。

でもその間に「顕微鏡の接眼レンズでもいけるかも」

と思い立ち、船越中学校ではその両方を尋ねてみた



親切な教頭先生が応対してくださった。

「よく分かりました。顧問の先生が来て下さるなら、

今夜一晩お貸ししてもいいですよ。」


こうして2日目の夜はいくらか天文気象部らしい活動。



余談になるが、粗大ゴミの自転車がどうなったか。

べつにこんなのをコレクションする趣味はない。

実は、大王崎周辺の波切集落より船越の方が、

ゴミ回収順序が後だったようで、見事そこで出せた。



1986年8月3日。

バスで大王崎を後にした。

近鉄鵜方駅までの道は太陽がさんさんと降り注ぎ、

まさに真夏の海水浴ロードだった。

鵜方からはビスタカーで、今度はちゃんと西大寺まで

特急券を買った(八木で降りる理由など全くない!)

CCF20090125_00004_edited.jpg

こうしてバタバタと過ぎた高1の前菜 鉄道旅行は

幕を閉じた。

さあ、いよいよメインディッシュだ!

待ってろよ!急行だいせん、山陰、隠岐の島!



ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場

posted by smilykaz at 14:52 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道旅行高校1年生編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
鉄道COMへGO!  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。