◆◇姉妹ブログ:ヘッドマーク・鉄道デザイン博物館へもぜひお越しください◇◆

2008年12月25日

鉄道の駅を旅する 山陰本線 特牛駅

本線と呼ばれながら今や特急が全く通らない区間、

山陰本線の益田東萩長門市小串〜幡生。

その寂れた区間の、長門市〜小串の真ん中辺りに

この、特牛駅がある。

20081224744.jpg

昔から難読駅名として有名だった。

(日本特急旅行ゲーム?みたいなボードゲームにも登場!)

でも、ここは決して大きな駅ではなく、街中でもない。

実際、旧豊北町(現下関市)の中心駅は隣の滝部。



この、中心でなく栄えていない駅がまた郷愁を誘う。

そして駅名版はともかく、その他の部分は懐しい。

20081224742.jpg

本当にじっとホームに立っていたい気さえする。

20081224743.jpg

この駅を有名にしたもうひとつの要因は、

「四日間の奇蹟」のロケ地に選ばれたことだろう。

その時の記念品などもいくらか飾られている。

ロケ中の駅名は写真の通り、伊上畑とのこと。

20081224741.jpg

駅舎そのものは変わりないが、駅前にちょっとした

倉庫を建てているところだったようだ。

20081224740.jpg

特牛駅ホーム上の、列車風景。

20081224745.jpg

このときはキハ47が2両で来ていたが、

日中多いのはキハ40の単行気動車だ。

今でも国鉄型気動車が走っている風景をこうして

見られる場所があるのが嬉しい。

しかし、いつまで残っているのだろう。

長門市より東はキハ120JR型が幅をきかせている。

がんばれ、国鉄型!


posted by smilykaz at 15:57 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 駅コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
鉄道COMへGO!  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。