◆◇姉妹ブログ:ヘッドマーク・鉄道デザイン博物館へもぜひお越しください◇◆

2008年12月13日

1985年。中3修学旅行の信州、白馬。その2

1985年6月某日。

(1日目から見たい方はこちらから)



僕たち枚方三中3年生は修学旅行で白馬に来ていた。

予定ではいろいろと組まれていたのだが、

なんといきなり足止めを食らう出来事があった。

白馬での初日の夜、大雨が降ったため、

翌日は晴天になったとはいえ、八方尾根への散策が

地盤不良のために中止になってしまったのだ。



翌日以降の予定を早めるわけにもいかず、

どうするかを先生たちが話し合い検討しておられた。



ただただ待機するように言われていた中、

僕の心がうずうずと動き出していた。

それは、ロッジから歩いて10分ほどのところを通る

大糸線に特急あずさ が一日に1往復だけ来る事を

知っており、まさにその時間が迫っていたからだ。



僕はこっそりロッジを抜け出し、線路まで歩いた。

南小谷発新宿行き特急あずさ。その姿が・・・・・

「見えた!」

あの新宿駅で駅員に断られて以来ずっと

遠い存在だった あずさ にようやく会えたのだ。

CCF20081213_00000_edited.jpg

そして近づいてくる・・・・・
posted by smilykaz at 19:30 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道旅行中学生編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
鉄道COMへGO!  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。