◆◇姉妹ブログ:ヘッドマーク・鉄道デザイン博物館へもぜひお越しください◇◆

2008年09月25日

さようなら583系寝台特急金星号 その1

鉄道の日から約1ヵ月後の11月。

1982年(昭和54年)11月と言えば、

多くの鉄道ファンの印象深い月ではないだろうか。

上越新幹線開業で、

上野口の特急が大量に廃止されたあの時。



でもそんな関東の動きか大々的に報じられる中、

静かに幕を引こうとしている夜行列車があった。

名古屋と博多を結んでいた「金星」号だ。

こんな事を言っては失礼だが、

関西の鉄道ファンにとっては非常に地味な存在。

下りの場合、京都発が午前1時17分。

だから当然大阪での客扱いはない。



しかし、僕には僕なりの思い入れがあった。

日中撮られた写真などでは紺色に見えるマークが

夜の写真だと紫がかっていてすごくきれいなのだ。



そんな話をしていた11月10日夜、親父は

「よし、写真撮りに行こか」と、

突然言い出し、僕に車に乗るようにと言った。

あまりの突然に呆然としながらも、

「・・・あ・・・うん・・いくいく」とカメラを手に出かけた。



夜11時過ぎ。国道1号線を北上し一路京都へ。

しかし、ふと燃料計を見ると、ガソリン「E」。

「大丈夫なん?ほんま大丈夫なん?」

と何度も聞いたが、親父は

「ガス欠したら、車の中で寝たらええねん」と気にもせず。

なかなかのスリルの中、とりあえず京都に到着した。

時刻は間もなく0時を迎えようとしていた。

posted by smilykaz at 14:19 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 撮り鉄 小学生編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
鉄道COMへGO!  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。