◆◇姉妹ブログ:ヘッドマーク・鉄道デザイン博物館へもぜひお越しください◇◆

2008年09月03日

さよなら能登・北陸


8月14日。

思い出深い、第二回能登旅行も帰りの日を迎えた。

親から離れての初めての旅行。

親がいたら絶対しなかったような経験もした。



富美子おばさんが七尾駅まで見送ってくれ、

七尾名物「みそまんじゅう」をお土産にくれた。

そうして僕らは駅を出発した。

帰りは急行能登路である。(たしか4号?)

やはり金沢までの時間は短く感じた。

線路沿いの電線をボーっと辿っているうちに

どんどん進んでいった。

本津幡、中津幡、津幡辺りは右向きの

長く大きなカーブだ。

そして北陸本線に合流、特急白山とすれ違った。

やがて、右側に大きな車両基地、

金沢運転所が見えた。

485系北越や雷鳥、475系急行型電車などもいる。

そして、金沢駅に着いた。

ちょうどお盆休み中で、ものすごい人ごみだった。

七尾線の0A、0Bホームも例外ではなかった。



改札を出て兼六園を見に行き、

特急白鳥に間に合うように駅に帰ってきた。

CCF20080903_00000_edited.jpg 

七尾線ホームには、臨時急行「ゆのはな」が

特製ヘッドマークをつけて留まっていた。

また、14系座席車で編成された雷鳥52号の姿も見えた。



そんな興奮のなか、帰りの白鳥号がやってきた。

帰りの道中はまたも寝て過ごしてしまった。

でも、加賀温泉駅で隣りのホームに留まっていた

475系急行型電車のヘッドマーク

(いわゆる北陸急行型マーク)が

名無しの白地だったことはよく覚えている。

そして、敦賀第二機関区の交流機たちの姿も

CCF20080903_00001_edited.jpg 

タイミングよく起きたので見ることができた。



列車はようやく夕暮れに沈みかけた京都駅に着いた。

冬のあの暗さと同じ時刻だとはにわかに信じがたい。

一抹の寂しさを抱えつつ僕らは近鉄ホームに向かった。


posted by smilykaz at 22:27 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り鉄 小学生編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
鉄道COMへGO!  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。