◆◇姉妹ブログ:ヘッドマーク・鉄道デザイン博物館へもぜひお越しください◇◆

2012年05月02日

知床峠へ最後の5km!・・・あれ?

オホーツク海を眺められる絶景ポイントでの休憩を終え、

再び走り出したらすぐに10qの表示を見つけた。

やっぱり、「どこまで進んだか」がわかると元気が湧いてくる。


僕はここでこの峠での3回目のハイペースな走りに挑んだ。

今回が一番長続きしたと思われるが、11qの表示までペースを保った。

ここでペースダウンか〜・・・・と思った矢先、目の前に駐車場の「P」のサインが。

そして、カーブを曲がったところには!


「知床峠へようこそ!」

という看板があるではないか。

そして、広がる駐車スペース、賑わう露店、群がる人々・・・。

ついに知床峠に到達したのだ。


いや、正直言って何が起こったのだろう?という感じだった。

なにしろ、15qという意識が頭を支配していたので、自分の中では3〜4kmも

得してしまった気分、いや、まだ疑っている気分。

そんな不思議な気持ちのまま休憩することになった。


ここまで1時間40分ほど。大変なローペースである。


僕はまず喉の渇きをいやしたい一心で露店に向かった。

ポカリスエットが150円というのはこの当時の価格にして5割増し。

高かったが飲まずにはいられなかったので購入、即消費、即吸収?。


同じ露店にはとうきび焼きのおいしそうな匂いが漂っていたが、

この時の僕は「胃が受け付けない」状態だったのでスルー。


休憩もほどほどにして出発。

先ほど、あまりにもあっけない到着だったため、

名残惜しむ間もなかったオホーツク海をもう一度見ることもなく、

一路ふもとの街・羅臼を目指す。
posted by smilykaz at 23:15 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 高3北海道鉄道旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
鉄道COMへGO!  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。