◆◇姉妹ブログ:ヘッドマーク・鉄道デザイン博物館へもぜひお越しください◇◆

2011年11月02日

網走駅での野宿・・・気温は13℃

午前1時半を回った網走駅前。

自転車を背負って階段を上り、改札口の前へと歩を進めた僕の前には異様な光景が。

電気もほとんど消えて、離れた外灯の灯りがかすかに照らす改札前は、

たくさんのイモムシが所狭しと並んでいるではないか。

そう。シュラフ(寝袋)に包まれた人たちが少なくとも20人は寝ていたのだ。


まぁ、考えようによっては「たくさんの同類がいる状況の方が目立たなくていい」と思い、

僕もその一角で休むことにした。

とはいえ、実際のところ僕は彼らと「同類」どころか「異質な存在」だった。

というのも、シュラフを持っていないので「野宿する人」とは思えないような姿で

寝てしまったからだ。


その姿とは・・・・。

とにかく寝袋の代わりになるもの・・・ということで、輪行袋の中に自分が入り、

地面のタイルの冷たさに体温を奪われないように、いわゆるプチプチ、

つまりよく高級なクッキーの缶などのふたのすぐ下に入っているエアクッション

のシートを敷いて、輪行袋のファスナーも内側からきちんと閉めて寝たのである。

はっきり言って、(客観的にみると)昔の郵便車に載せられていた郵便袋の様相。


それでも自分としては「寒さをしのぐ」と「朝まで眠れる」ということしか頭になく、

十分納得しての行動だったのだ。


しかし、この姿が翌朝のハプニングを招く。


気温は下がり、夜中に何度か寒さで目が覚めた。

でも何とか朝まで乗り切ることができたようだ。

そして、駅の構内放送が聞こえてきた。急行大雪号が到着する時間のようだ。

ぼーっとした頭でそんなことを考えていたのだが、

そんな時だれかの足が僕の背中に当たった気がした。

そして気づいてみると、何だか周りがざわざわしている。


輪行袋のファスナーの端からチラッと外を見てみると、

人々に取り囲まれているようにも見える。

「何や何や?」

僕はとっさに、「この袋の中身は人間ですよ!」とアピールしないといけないと思い、

もぞもぞと動いて見せた。

そして輪行袋に入ったまま、まさにイモムシのように1mほど移動し、

ファスナーをあけて外に出てきた。


「周りの人たちは何て思うだろう・・・・」

そんな心配をしながら脱皮した僕だったが、意外にもこっちを見ていた人は2,3人。

なぜなら僕がいた場所は駅蕎麦屋さんのカウンター前。

つまり僕を取り囲んでいたわけではなく、“邪魔な荷物”をよけるようにして

お蕎麦のカウンターに並んでいただけの人々だったからだ。


あの昨夜の薄明かりの中では気づかなかったが、

まるで僕のために空いていたスペースと思われた所は皆が避けたスペースだった。


この時すでに、周りのイモムシさんたちはみんな蝶になって飛び立ち、

網走駅はすっかり「鉄道の駅」の姿になっていた。


そしてすっかり体が冷え切っていた僕は、暖を求めてさっきの駅蕎麦屋さんに並んだ。



【PR】鉄道模型・レイアウト【タカトー商会】
posted by smilykaz at 10:45 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 高3北海道鉄道旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
鉄道COMへGO!  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。